ニュース

米国女子スタンフォード・インターナショナル・プロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 スタンフォード・インターナショナル・プロアマ
期間:04/24〜04/27 フェアモントターンベリーアイルリゾート&クラブ(フロリダ州)

桃子のガッツUSA!!

桃子、踏ん張って5位タイ。「こっちも負けずに頑張りたい」

2008/04/26 09:30


米国フロリダ州で行われている米国女子ツアー第9戦「スタンフォード・インターナショナル・プロアマ」2日目。初日、首位タイの好スタートを切った上田桃子は、2日目に入り2つスコアを落として通算1アンダーとしたが、5位タイに踏みとどまった。

この日はパー70のミラーコースをラウンドした上田。序盤の2番パー3で、3オンの末4mをねじ込んでナイスボギーとしたが、続く3番では二段グリーンの下から、ファーストパットが6m近くショートしてしまい、3パットのボギーとしてしまう。

痛かったのは6番パー3。絶好のティショットでピンそば1mのバーディチャンスにつけたが、これを決められない。「あれでパットの自信が薄れてしまった」という上田は、その後も15番でボギーを叩いたが、最終18番パー5で、第2打をグリーン手前まで運ぶと2mに寄せてバーディフィニッシュ。なんとか、アンダーパーをキープして2日目を終えた。

「ピンポジションも難しかったけど、パットの調子が良くなかった」という上田。「流れが良くなかったのが入らなかった原因」と自己分析した。

「しのぶも江連さんも寛さんも頑張っている。こっちも負けずに頑張りたい。良くないと目立たないですからね」と、国内ツアーで活躍する仲間達に刺激を受ける。「なんとかアンダーでとどまれたので、明日は伸ばしていきたい」と話す上田。まだまだあきらめてはいない。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 スタンフォード・インターナショナル・プロアマ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには山戸未夢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。