ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、休息をとって2週間後に復活を狙う!!

2009/10/11 18:05


国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」で、初日に5オーバーの56位タイと大きく出遅れた上田桃子。2日目もスコアを伸ばせなかったが、順位は33位タイまで浮上。そして最終日にトータルイーブンまで戻すことを目標にしたが、逆に1つスコアを落として、順位は20位タイで3日間の戦いを終えることになった。

トップ組の8時に諸見里しのぶと同じ組で10番からスタートした上田。そのスタートホールで2打目をピンの左1.2mにつけバーディを奪った。「明日はアグレッシブに行きます・・・」前日に上田が語った攻めのゴルフで10番は成功したが、12番では大トラブルを引き起こしてしまう。

198ヤードと距離の長いパー3は、ティグラウンドからグリーンまでの高低差が15mという打ち下ろし。そのティショットがグリーン左サイドの斜面に当ると、跳ねたボールは隣の11番のラフへ。林を抜ける打ち上げのリカバリーショットは無事に脱出できたが、グリーン逆サイドのラフまで飛んでしまった。

このホールをダブルボギーとした上田は、14番でもボギーを叩き、波に乗れない状態が続いた。後半3番でバーディを奪ったが、通算6オーバーでホールアウト。「距離感が合わず、もったいないプレーが多かったですね。体の疲れがあって、初日に叩いてしまったスコアを、最終日まで引きずってしまいました」

「来週は休息をとって、体調管理をしっかりとしたい。マスターズGCはキャディがノリ(清水重憲)さんなので、また気合を入れなおして頑張ります」。次週には従兄弟の結婚式があるので熊本にも帰り、2、3日は完全なオフを取る予定だ。そして、キャディの清水氏には以前からお願いしていたこともあり、気分転換とリフレッシュをはかってから、マスターズGCレディスに挑むつもりだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。