ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

マスターズGCレディース

2008/10/23 12:11


初日は4オーバー53位タイと出遅れた上田桃子。「意地を見せたい」と臨んだ「マスターズGCレディース」の2日目は、10番スタートの第4組、朝早い7時57分にティオフした。

しかし、序盤はショットが乱れた。10番は第2打を引っ掛けてグリーン左手前のバンカーに入れて、寄らず入らずのボギーとしてしまう。続く11番は、フェアウェイからの第2打を右手前のラフに入れ、アプローチを1.5mに寄せるも、このパットを外してボギー。暗雲立ち込める2連続ボギースタートとしてしまう。

「出だしボギーボギーで、ショットもパットも良くないし、ひどいなぁと思ってラウンドしていました」という上田だが、13番でピン右4mのバーディパットを沈め、悪い流れに歯止めを掛ける。「チャンスが気持ちよく決まってくれたので、このバーディから盛り返せればと思った」と、その後は15番でボギーとするも、18番でバーディを取り返し、前半は1オーバーで折り返した。

「ハーフターンのとき、パターのタッチが合っていないと思ったので、合わせていこうと思った」という後半、上田は見違えるようなプレーを見せる。1番2m、3番5m、5番7m。今週は思うように決めることが出来なかったバーディパットを次々に沈め、それまでストレスを溜め込んでいたギャラリーも、ここぞとばかりに拍手を浴びせた。

「朝早いのに沢山のギャラリーがついてくれて、バーディチャンスにつけて声を出して貰いたいと思っていたけど、ちょっとは楽しんでもらえたかな」と、後半3つスコアを伸ばし、通算2オーバーの22位タイに浮上した上田は、ちょっぴり嬉しそうに振り返った。

「納得いく状態ではないけど、その中では我慢出来たと思う。明日は、優勝争いは難しいと思うけど、ミズノ(クラシック)も待っているし、色々試しながら次に繋がるラウンドにしたい」と、明るさも取り戻し、爽やかに明日を見据えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。