ニュース

米国女子マクドナルドLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ
期間:06/11〜06/14 場所:ブルロックGC(メリーランド州)

桃子のガッツUSA!!

桃子、モヤモヤを脱し予選突破を狙う

2009/06/12 14:37


米国女子ツアーのメジャー第2戦「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」に出場している上田桃子。大会前から調子が上がらない状態に、うつむき加減だったが、初日のラウンドはその不安が出てしまう形となった。

2番パー5でアプローチがピンまで2mしか寄せられずボギーを先行させると、5番はティショットを左サイドの林の中へ。9番でもボギーを叩き前半を3オーバーで終える。10番は2打目をピンの右1mにぴたりと付け、バーディパットを沈め右手こぶしを握りしめるガッツポーズを見せた。

しかし、11番、12番、そして14番でもボギーを叩き5オーバーへ後退。15番パー5で、この日2つ目のバーディを奪い4オーバーに戻したが、初日は117位タイと大きく出遅れてしまった。

がっくりと肩を落としてクラブハウスに引き上げてきた上田は「天気みたいにモヤモヤしてましたね。(雨の影響で)距離も長くなってタフだな、と。同組の2人(ツアー屈指の飛ばし屋、ブリタニー・ラング李知映)が飛ばすので、余計かも。イーブンパーで回れたらという気持ちで出たけど、ショットもアプローチも全てがよくなかった。私はランで飛ばすタイプなので、キャリーが出るドライバーに変えてもよかったけど、今週はFWキープを第一にしようと思っていた」。

上田は取材陣へのコメントを残すと、すぐに練習場に向かった。そして、キャディのテリーが見守る中、必死にパットの練習に励んでいた。予想される予選カットラインは1オーバーか2オーバー。4オーバーからスタートする上田は2つかそれ以上のアンダーパーでのラウンドが要求される。前半からバーディを奪い勢いに乗れるかが鍵となりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!