ニュース

国内男子TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

4アンダーの石川遼「パープレーみたいなもの」

2012/09/06 18:40


国内ツアーで2週連続予選落ちを経て迎えた「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」の初日、石川遼は6バーディ、2ボギーで4アンダーをマーク。首位とは5打差の36位タイとまずまずのスタートをきった。

午前スタートの選手たちが相次いで8アンダー、7アンダーをマークする中、上位発進を狙った石川だったが、軟らかいグリーンは午前組でラウンドした選手たちのスパイク跡などが残り、カップ周りが微妙に読み切れず短いバーディパットも外し波に乗れなかった。

8番までに3バーディを奪った石川は、前日のプロアマ戦で2mのイーグルパットを決めた9番パー5でトラブルに見舞われた。グリーンを狙うためには木を避けるためにスライスが要求された2打目「狙いよりも左に飛び出してしまい、スライスも思ったよりもかからなかった」というショットはギャラリーの頭上の木に乗ってしまった。

ボールは落ちてこなかったが、石川のものと確認ができたため、アンプレヤブルで処理し、このホールはボギーとなった。アンラッキーとも取れる結果に石川は「あそこは、木で止まって良かったです。その先の池に入っていたら、ボギーでは済まなかったかもしれないので」と悲観はしない。

そして、4アンダーのゴルフを「悪くはないですが、パープレーみたいな感じです」と冷静に話しだした。「パー5、4つのうち2つはパー4という感覚ですし、パー4でも攻め方で距離が短くバーディを計算できるホールが2つはあるので、自分の中ではパー68という設定でやっています」。石川は1日4アンダーは“基本”。7アンダーといったビッグスコアを目指している。

「明日は午前スタートなので、グリーン上のボールも素直に転がってくれると思います。とりあえずトップ10以内、そして3日目を終えて最終日を最終組で迎えられる位置に入りたい」とプランを明かす。今週の石川には予選落ちのことは考えず、上位のスコアを見つめ、バーディ量産を果たすことに集中している。(三重県いなべ市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。