ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/31〜06/03 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

石川遼

石川、攻守拮抗してパープレー

2012/06/01 12:28


「パッティングでバーディを獲っていく攻めを今週はしていかないといけない」。ジャック・ニクラスがホストを務める「ザ・メモリアルトーナメント」初日を終えた石川遼はそう語った。小さなグリーン周りにバンカーやラフが密集するミュアフィールドビレッジ。石川の言葉を意訳すれば、ただやみくもにピンを狙うのではなく安全な範囲を見定め、ミスしてもその数ヤードの円内に収まるようなショットを放って、そこからのパットでバーディを狙う。そういう意図で攻めるということだ。

初日、「日本とはフィールドの雰囲気とか、すべてが違う」と、緊張に襲われて10番はボギースタート。それでも11番ですぐに立て直すと、14番、15番(パー5)と連続バーディで通算1アンダーとスコアを伸ばす。

<< 下に続く >>

しかし、17番で3パット。折り返した後の2番でもファーストパットを2mオーバーさせて、返しを外してボギーとしてしまう。難しいピンポジションと、他の選手も口をそろえた“グリーンの速さ”に、石川のタッチがかみ合わない。

それでも、6番で左手前に切られたピンに対し、2打目をピンの右上、グリーンセンターに置いた石川は、下り4mのフックラインを沈めてバーディ奪取。「理想の攻め方ができた」と胸を張った。

結局この日は3バーディ3ボギーのイーブンパー。首位と6打差の35位タイに「思ったよりピンポジションが難しかったし、トップもそこまで伸びていない。パープレーはそんなに悪くない」と前を向いた石川。午前スタートの2日目にどこまでスコアを伸ばせるかが、勝負のポイントとなってくる。「ワクワクする。お前はどこまで打てるんだと、難題を出されている感じ」と、石川のアドレナリンも湧いている。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!