ニュース

国内男子とおとうみ浜松オープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

石川遼、ショット、パットも振るわず41位タイに終わる

2012/05/20 18:35


国内男子ツアー「とおとうみ浜松オープン」で、昨年の最終日に8アンダー「64」をマークしてプレーオフに進出した石川遼。今年も最終日の爆発が期待されたが、思うようにスコアを伸ばせず通算4アンダーの41位タイに終わった。

スタートの1番でピン奥3mのバーディパットを外すと、2番、3番もバーディを奪えなかった。4番パー5でグリーン手前のカラーからアプローチを寄せてバーディを奪取。さらに6番でもバーディを奪ったが、続く7番パー3でボギーをたたくと、9番パー5は2打目を池に入れてしまいボギー。

後半に入っても10番でボギーをたたき、12番パー3ではティショットが池に捕まりダブルボギー。ずるずるとスコアを落とし順位も下げてしまった。最終18番パー5をバーディで締めくくったが、14位タイから上位を狙う目算は砕け散ってしまった。

「今日はショットもパットも良くなかったです。体のキレがないというか、スイングにバラつきがあるので、次週からの米国遠征で良い感じにして帰ってきたい。パッティングは思ったところに打ててはいますが、ラインが1本ずれているような感じ。1、2mのパッティングを4日間通して外してしまったので、練習場でできることをコースでもできるように、さらに練習を重ねるしかない」。

3日目まではショットが良くなってきていると話していた石川だが、最終日は全てにおいて満足のいくゴルフにならなかった。今大会の開催コース、グランディ浜名湖GCは「好きなコース」と話していたが、強風の吹いた2日目、さらに最終日にスコアを崩すことになってしまった。

次週「クラウンプラザインビテーショナル」からの米国遠征について「コースもどんな感じかわからないところばかりですが、現地に行って練習ラウンドを行うことで把握していきたい。現地に入ったときの体調によって練習ラウンドを1ラウンドにするのか、1.5もしくは2ラウンドにするかは決めます。その後、日本に帰ってきてからも連戦は続くので、体調面には気をつけて行ってきます」。気持ちは明日から米ツアーに切り替える。(静岡県浜松市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 とおとうみ浜松オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。