ニュース

トランジションズ選手権マスターズ制覇の大志を抱く石川遼に迫る!

石川遼

トランジションズ選手権 【米国男子】

期間:2012/03/15~2012/03/18  場所: イニスブルックリゾート(フロリダ州)


遼、グリーンの“ギャップ”に苦しみ出遅れ

2012/03/16 09:38:36

2012年 トランジションズ選手権 初日 石川遼
石川遼は大きく出遅れ。初日に苦しんだショット、パットの修正が急務になった【拡大写真】

米国男子ツアー「トランジションズ選手権」が15日(木)、フロリダ州タンパ近郊のイニスブルックリゾートで開幕。石川遼は1バーディ、3ボギーの「73」で2オーバーの109位タイと出遅れた。

4年連続の出場となるトーナメントの初日。午後2時過ぎに1番からティオフした石川は序盤からショットに安定感を欠いた。5番までにスコアを伸ばしたいパー5が2つ(1番、5番)ありながらも、いずれもドライバーでの第1打をフェアウェイバンカーに入れてしまい、第3打に距離を残して3オン2パット。パーを並べると、6番で第1打を左の林に入れ、ボギーが先行した。

8番(パー3)で花道からのアプローチが6メートルオーバーして2つめのボギーをたたいて前半を折り返す。12番で右から5メートルを沈めるが、これがこの日唯一のバーディ。その後もなかなかチャンスをつかめず、17番(パー3)では3番アイアンでのティショットを右サイドのバンカーに打ち込み、ボギーでまた一歩後退してフィニッシュした。

フェアウェイキープ率は30.8%。出場144人中141位とティショットから良い流れを作れなかった。それでも「徐々にスイングは形が出来ているし、大幅にこれから変えていく感じも無い。明日に向けていい材料になる」と、感触は悪くないという。

この日ショットよりも石川を悩ませたのがパッティング。前週、単独2位に入った「プエルトリコオープン」とのグリーンの違いに苦しんだ。今大会のコースでは「見た目は速く見えるのに、そうでもない。先週は逆だった」。プエルトリコとのギャップを感じ「タッチが合わなかった」と唇をかんだ。

上位陣はトップのパドレイグ・ハリントン(アイルランド)の10アンダーをはじめ、ビッグスコアも飛び出したが、決勝ラウンド進出のボーダーラインが気になる後続は混戦模様。「まず予選通過というのを、ひとつ意識してプレーすることになる。一打、一打、冷静に判断していきたい」。ラウンド後は日没直前、午後8時前まで居残り練習を行った。数時間後に迫る翌朝の第2ラウンドは、早い段階で巻き返しへの糸口を見つけたい。(フロリダ州タンパ/桂川洋一)

関連リンク


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~