ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・プレジデンツカップ
期間:11/17〜11/20 場所:ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

石川遼

遼、同じ相手に連敗「自分の中の問題」

世界選抜と米国選抜の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」の2日目。初日のフォアサム(1つのボールを交互に打ち合う)ではアーニー・エルスと組み、バッバ・ワトソンウェブ・シンプソン組に4&2の完敗を喫した石川遼は、初日とまったく同じパートナー、対戦相手、トップスタートに組み込まれ、フォアボール(それぞれが別々のボールを打ち良い方のスコアを採用)のフォーマットに臨んだ。

キャプテンを務めるグレッグ・ノーマンにより整えられた、リベンジの舞台。3番でDOWNを喫し先行されるが、続く4番では2mのパーパットを沈めてUPを取り返しオールスクエアに戻す。しかし、6番でワトソンにバーディを奪われ再びリードを許すと、続く7番ではエルスとともにボギーを叩き2DOWN。その後1DOWNまで詰め寄る粘りを見せたが、15番で再び差を広げられ、最終18番を残し3&1で敗北。初日に続き、連敗を喫する結果に終わった。

<< 下に続く >>

「体が、全体的にキレがない」と、石川はこの日ノーバーディ。ポイントに掲げていた2打目以降のアイアンショット、アプローチでも見せ場を作れず、消化不良のラウンドが続いた。「緊張とかではなくて、自分の中の問題」。今大会のコースはパー3を除く14ホール中、実にドッグレッグが11ホール。ティショットの狙いどころが難しい上、グリーンも硬くて傾斜が強く、ピンをデッドに狙えない。「この狙いのラインでいいのかな、と思ってしまう」と、ショットからパットまで確固たる狙いを定めてプレーできていないことで、持ち前のアグレッシブさが失われているようだ。

2日目を終え、世界選抜の2ポイントのビハインドは変わらず。チームへの貢献を最優先に掲げている石川にとって、勝ち点を奪えないままの状況は耐え難いものがあるはずだ。「今日で3回コースを回ったし、狙いどころは分かってきている。アイアンでティショットを打とうが、パー3でセンターを狙おうが、全部で攻めないといけない」。明日の3日目、午前中のフォアサムでは再びエルスと組み、ビル・ハースマット・クーチャーと対決する。(メルボルン/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!