ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、雨中での練習に「ゴルファーズ・ハイみたい」

2011/09/01 18:37


山梨県の富士桜カントリー倶楽部で行われる国内男子ツアー第13戦「フジサンケイクラシック」は1日(木)、降雨によるコースコンディションの不良により、大会初日のラウンドが中止になった。大会3連覇がかかる石川遼は、同日夕方に当地の打撃練習場などで約2時間の練習を行った。

接近中の台風12号の影響で、前日31日から降り続いた雨は午後に一層強さを増した。石川は午前中、宿舎で休養し午後4時にコース入り。「(初日の中止は)残念ですけど、こうなった以上は仕方がない。かっぱを着て練習するのが今の自分にやれること」と2日(金)以降も雨模様の大会を想定し、レインウェアに激しい雨を受けながら、ウェッジとアイアンを振り込んだ。

練習場でも至る所に水たまりができ、途中からは芝生ではなくマットからのショットを余儀なくされた。しかしその後もアプローチ、パターも入念にチェック。「濡れたグリップの状態や、帽子のつばから水が垂れてきたりと、色んなことが分かった。あそこまでいくと楽しいですね。“ゴルファーズ・ハイ”みたいな感じ」と、ずぶ濡れ姿で笑った。

大会は翌2日から第1ラウンドが開始されるが、今後の天候によっては競技が54ホール、36ホールに短縮される可能性もある。「選手にとっては1日でも中止になるのは、想定内でありながら普段通りではない。気持ちを落ち着けて、試合に入る状態を作る。明日の朝、『よし、今日から行くぞ!』という感じで起きなくてはいけない」と、高いモチベーションを維持したままスタートを迎える。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。