ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

連覇に挑む遼、改修ホールの攻略に意欲

2010/09/01 18:04


ディフェンディングチャンピオンとして「フジサンケイクラシック」に出場する石川遼は、開幕前日の1日(水)にプロアマ戦をラウンドし、最後の調整を行った。前日の練習日にはアウト9ホールをプレー。「プレーしていて居心地が良い」という富士桜CCで、自身初となる大会連覇に挑む。

周囲の注目を一身に浴びる中でも、「意識していないといえばウソになるけど、しているとしてもごく僅か」と、過剰な意識は無い。「優勝に向けてのスタートラインは全員が同じ。上位で戦えば戦うほど、連覇への意識は強くなると思います」と、徐々に高いモチベーションへと繋げていく心構えだ。

<< 下に続く >>

今年、石川にとってチャレンジ意欲を一層湧き立てるホールが存在する。通常425ヤードに設定されている14番パー4。決勝ラウンド2日間、もしくは最終日にティを約100ヤード前に出される予定で、風次第ではワンオンを狙えるエキサイティングなホールに生まれ変わる。

「客観的に見てもすごく盛り上がるホールになると思うし、良い風が吹いてくれればドライバーを持つと思います」と、石川も望むところ。「その場合、ピンは難しいところに切られると思う。ラフに入った場合、20ヤード、30ヤードを残すよりも、フェアウェイから100ヤードを打った方が良いかもしれない。その辺はコースとの戦いですね」。さらに、15番パー5は25ヤード延長され、590ヤード設定に。昨年は2回2オンに成功するなど、4日間全てバーディを奪っていたが、「良いショットが打てないと2オンのチャンスが無くなる」と警戒を深める。どのような攻めを見せてくれるのか、注目を集めるホールとなりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!