ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、3連続ボギーを巻き返し17位発進!

2010/05/13 19:40


国内男子ツアーの今季メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」初日、長崎県では初めて開催される男子メジャー、男子ツアーとしても実に31年ぶりの開催とあって、平日にも関わらず会場には6,557人のギャラリーが詰め掛けた。

「スタートホールから観衆が凄く多くて、異様な雰囲気でした」と石川。10番スタートのこの日は、スタートホールで1mのパーパットがカップに蹴られてボギー発進。「インパクトを手で調整しているのかなと、ミスパットの傾向を感じていた」と振り返る。

<< 下に続く >>

海越えとなる12番パー3ではグリーン手前のラフから寄せきれずにボギーとしたが、13番パー5、そして16番とバーディを取り返し、前半をイーブンパーで折り返した。

ところが、1番でカラーから3パットのボギーとすると、2番、3番と続けて3パットのボギーとしてしまう。このコースのグリーンは大きくてうねりが多い事が特徴。「全部2m弱だったけど、3回連続でああいうパーパットが残るのもこのグリーンの難しいところ。インパクトを迎える前に、体のあらゆる部分がカップに向いてしまった感じ」と、このミスパットの原因を分析する。

だが、この不具合をすぐに修正出来るのが石川の凄いところ。続く4番で右手前3mのバーディチャンスにつけると、「(ミスは)顔が上がったか、下半身がぐらついたか、とにかくインパクトまで結果を気にしちゃだめだと思った」。上りのスライスラインを強めに打って、このパットをカップに沈めた。

これが反撃の狼煙となり、上がり6ホールで4バーディを奪って終わってみれば6バーディ5ボギーの「69」、通算1アンダーの17位タイで初日を終える事となった。

「長崎の皆さんに自己紹介出来たようなゴルフでした。これが石川遼というボギーもあったし」と笑う石川。グリーン上に手間取ったものの、ショットは好調。余裕すら感じさせる巻き返しは、週末に向け大いに期待を抱かせるものだった。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!