ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、暴れるドライバーでも4位発進

2009/10/29 17:57


「去年は、初日のスタートホールでこんなの(20cm位)につけてバーディスタートしたのから、72ホール目まで全ホール振り返れる」という石川遼。プロ転向後初めて優勝した昨年大会から1年、石川は当時と今とを比較し、「今年は去年に比べて難しいとは思わなかった。その分、自分が変わったのかな」と、自らの成長を感じていた。

昨年大会では1日2アンダーを目標にしていたが、この日は6バーディ2ボギーの「68」。通算4アンダーで首位と2打差の4位タイという好発進。それも、万全ではないドライバーの状態で、「4アンダーで回れるような内容ではなかった」と振り返る。

<< 下に続く >>

10番スタートのこの日、15番パー5ではティショットを右の林の中に打ち込んだが、2打目でフェアウェイに戻してパーセーブ。折り返した6番パー5でも、大きく左に曲げて崖下に落としたが、2打目で右サイドのラフまで運ぶと、3打目でピン下2mにつけてバーディ奪取。そこから3連続バーディへと繋げた。

「ドライバーが全体的にフックしていた」という石川。「トップから切り返しのタイミングが合わなかった。丁寧にタイミングを作ろうとして、その分スピードが出ずにヘッドが先行してしまっている」と、このミスを分析する。ホールアウト後は練習場へ直行し、すぐに修正を施したが、「明日の朝、もう一度やらなくちゃなという感じ」と、課題は完全には消えていない。

それでも、リカバリー、さらに気持ちの切り替えの早さでスコアを作り、「(気持ちを)切り替えないとみんなに置いていかれてしまうという良い経験」が生きたと微笑む。このスコアは実力が底上げされた証なのか。「この貯金を明日以降に生かしていきたい」と、石川は力強く語った。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!