ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

ホストプロの遼、連続バーディで締めて16位タイ

2009/09/27 17:11


「アジアパシフィックパナソニックオープン」最終日を通算1オーバーの30位タイで迎えた石川遼。午前8時と早いスタートながら、大勢のギャラリーが石川組の後に続く中、スタートホールの1番パー5で2.5メートルを沈めてバーディ発進。「(ティショット、セカンドと)2回続けて良いショットが打てて、良いスタートが切れた」という石川は、2番でボギーを叩くも、5番パー5で2オンに成功し、確実にバーディを奪取。目標とするアンダーパーフィニッシュに向け、好スタートを見せる。

だが、8番、9番とアプローチ、バンカーなどグリーン周りで苦戦してボギーを重ねると、12番、13番でも連続ボギー。一時は通算4オーバーまで後退し、自らのプレーに納得できず苛立ちを露わにする場面も見られた。そのまま迎えた、1オン狙いの17番パー4。フォローの風の中、「ドライバーで打つとオーバーする可能性があった」と、手にしたのは3W。「今日一番振りました。タイミングもピッタリで、ほぼ完璧なショットだった」。風が予想より弱く、1オンこそならなかったもののグリーン手前の花道まで運び、1.5メートルに寄せてバーディ。「アプローチは今週のウィークポイントでしたが、やっと自分の距離感が出せた。良いリズムが、17番でやっと出てきました」。

17番では4日間を通して1オンは叶わなかったが、気分を良くして迎えた最終18番も、4メートルを沈めて連続バーディフィニッシュ。難しいピンポジションにより全体的にスコアが停滞する中、1ストローク落とすに留めて通算2オーバーの16位タイに浮上。ホストプロとして、重責と共に戦った4日間を終えた。

今週はショットの精度が本調子でなく、バンカーやアプローチなどショートゲームに苦しむ場面が目立った。「ちょっと深いラフだと、ちゃんとミートできていない。練習ラウンドでしっかりとアプローチの練習をすることが、今後の課題」と、難コースが改めて課題を与えてくれたと話す。「ゴルフの調子は徐々に上がってきました。(2週間後には)『プレジデンツカップ』も控えているし、来週の試合もすごく大事」と、“大会の顔”として大役を終え、早くも次なる戦いに目を向けていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。