ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、最終ホールのチップインイーグルで予選通過!

2009/08/21 19:27


予選落ちのピンチを、土壇場のミラクルショットが救った。「関西オープン」2日目、通算2オーバーで最終18番を迎えた石川遼は、会心の当たりというドライバーショットを、ピンまで残り50ヤードの左サイドのラフまで運ぶ。

想定される予選通過ラインには2打足りなかったが、石川は「2打目をSWで打って、カップを狙うくらいでやらないと予選通過は難しいと思った」と、最後まで諦めていない。ショットを打つ前には、グリーン面を確認しにいき、「カップ2つ分のフック」とラインも読んだ。ラフからのショットでランを13ヤードと計算し、キャリーで37ヤードをイメージしたという。

<< 下に続く >>

「SWで上げるショットなのに、グリーン上でラインを読んでいる。入っても入らなくても、カップを狙っているという姿勢を僕だけじゃなく、周りの人にも分かって欲しかった」と石川。「ギャラリーの視線がいっぺんに注がれたときに、何かが起きる」と、石川の予選通過を願う多くのギャラリーの想いも乗せたショットは、狙ったところに落ちると、そのままスルスルと転がって、カップへと吸い込まれた。

ギャラリースタンドの大歓声に応えるように、石川も飛び上がってど派手なガッツポーズで喜びを爆発させる。最終ホールの最後のショットでイーグルを奪った石川は、通算イーブンパーでホールアウトして、48位タイで見事に予選通過を確定させた。

この日の石川は1イーグル5バーディ1ボギー1ダブルボギーの「67」。7番ではティショットを左にOBしたが、昨日とは見違える程にショットが安定した。予選通過を目指していた終盤、14番では前日までのドライバーからアイアンへとティショットのクラブを変え、「ドライバーの一つのミスで流れを悪くしたくなかった」と落ち着いた一面も見せた。

「僕だけの力じゃない」と劇的な予選通過に興奮冷めやらぬ様子の石川。それでも、ショットの前に入念にイメージし、ギャラリーを巻き込んで集中力を高め、そして引き金を引く。タイガー・ウッズ青木功のプレーから集中の方法を学んだという石川のショットは、決してただの偶然ではなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!