ニュース

国内女子樋口久子 森永製菓ウイダーレディスの最新ゴルフニュースをお届け

有村は21位タイで最終日へ 「このままで終わりたくない」

2012/10/27 15:50


千葉県の森永高滝カントリー倶楽部で開催されている、国内女子ツアー「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」の2日目。31位タイからスタートした有村智恵は1バーディ、1ボギーの「72」で回り、通算イーブンパーは変わらずも21位タイに浮上して最終日を迎える。

初日はアイアンの距離感が合わずグリーンをショートする場面が目立ったが、一夜明けても同じ症状が続いた。「朝から、振っているつもりでも体が使えずに振れておらず、全体的に飛距離が落ち気味だった」。スタートホールの1番、2番とフェアウェイからの2打目はグリーンに届かず、アプローチで何とかパーを拾う滑り出し。6番(パー5)の3打目もピン手前10mに止まり、3パットでボギーが先行する。

「7番、8番あたりから修正できて、良い方向にいけた」とホールを重ねるごとにグリーンを捕らえる回数は増えていったが、パットとの噛み合いも悪くバーディは13番(パー3)の1つ止まり。「チャンスを逃し続けてしまった。上に行くには、これじゃダメ」と反省の言葉が続いた。

ウイダーと契約するホステスプロ、そしてディフェンディングチャンピオン。この日は午前7時30分のトップスタートながら、今大会の主役の1人に多くのギャラリーがあとに続いた。「今日も朝からたくさんの方がついてくれた。この大会は応援してくださる方が多いし、このままで終わりたくない」。最終日こそ、大声援に笑顔で応えることができるか。(千葉県市原市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 樋口久子 森永製菓ウイダーレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。