ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

有村は準地元で4位浮上 「応援していただき楽しかった」

2012/09/23 21:03


宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開催された、国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」の最終日。首位に5打差の10位タイからスタートを切った有村智恵は、6バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算10アンダーの単独4位でフィニッシュ。大会2勝目には手が届かなかったが、「すごく多くのギャラリーの方に応援していただき、楽しかった」と、高校時代を過ごした準地元での3日間を振り返った。

2日目は好調なショットと対称的にパットが噛み合わず、31パットという数字に不満を募らせていた有村。ラウンド後の練習により最終日は26パットと復調、逆に「昨日と比べるとあまり良くなかった」というショットをグリーン上でカバーし、「パターの手応えはすごく良くなっている」と続けた。

昨日はことごとくカップに嫌われたミドルパット。スタートホールの1番は3mのチャンスを逃すが、続く2番(パー5)で4.5m、3番で1.5mを沈めて連続バーディ。パットの復調と合わせて7番ではチップインバーディ、後半14番(パー5)ではあわやイーグルという3打目を放つなど、魅せるプレーで東北のファンを大いに沸かせた。

パットの不安を解消し、迎える次週の「日本女子オープン」。有村自身も「すごく楽しみです」と心身ともに充実した状態でメジャー戦を迎える。「(海外)メジャーチャンピオンも揃って出場するし、日本一というか、世界一を決める大会になると思う。しっかりと結果を求めていきたい」と意気込んでいた。(宮城県利府町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。