ニュース

国内女子樋口久子 森永製菓ウイダーレディスの最新ゴルフニュースをお届け

有村、ホステスVに向け4位発進「優勝パターンに持ち込みたい」

2011/10/28 16:51


森永高滝CCで開催されている「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」初日。ホステスプロの有村智恵が5バーディ、3ボギーの「70」にまとめ、首位に2打差の2アンダー4位タイと好スタートを切った。

「先週、先々週ぐらいから、徐々に良い時の自分に戻ってきている」と満足そうな表情を浮かべる有村。好不調を示すバロメーターは、アイアンショットの方向性だという。「調子が良い時の自分は、ピンの方向にボールが飛ぶ。今日も良い方向へボールが飛んでいたし、感触は良いですね」。1番でボギーを先行させたが、直後の2番でピン左1mに絡めバーディ。さらに4番(パー3)で3m、6番(パー5)で1.5mにつけてバーディを奪うなど、アイアンショットが冴え渡った。

15番、16番と連続ボギーを叩くが、15番は「攻めすぎて難しいアプローチが残ってしまう、よくあるパターン」という3オン2パットのボギー。「反省しなくてはいけない」と肩を落としながらも、これまでのような悲壮感が漂う表情は見られない。

それも、左手首の状態が良好に向かっているため。これまでは「どこかで怖がっていた」と、左手首をリリースしながらラインを出す本来の打ち方を意識的に避けていた。「先週、先々週から、思い切って左手の使い方を試合でも試せるようになった。手首の状況が良くなったのが大きい」。

自信とともに、ツアー屈指を誇っていたショットメーカーの輝きを取り戻しつつある有村。「3、4mのパットが入ればもっといいスコアが出ると思う。2日目に爆発的なスコアを出して、最終日に逃げ切る私の優勝パターンに持ち込みたい」と、言葉にも力強さが漲っていた。(千葉県市原市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 樋口久子 森永製菓ウイダーレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。