ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

有村、後半から攻めに転じて4位発進!

「meijiカップ」初日、有村智恵はショットの距離感に苦しむ立ち上がりとなった。「(昨日に比べ)グリーンが軟らかくなっていた。硬いイメージを消せず、攻められなかった」と、ショットの多くがピン手前にショート。なかなかバーディチャンスにつけられず、7番までパーを並べる。

だが、その中でも8番、9番(パー5)と連続バーディを奪取。徐々にグリーンコンディションを把握し始め、「11番から、やっと攻めてみようと思った」とピンをデッドに狙った2打目は、ピンそば50センチにピタリ。最終18番も30ヤードのアプローチをピンに絡めてバーディで締め、4バーディ、ノーボギーの「67」。4アンダーは首位に5打差、4位タイと上々の滑り出しに繋げた。

首位を走るのは、トーナメントレコードに並ぶ「63」を叩き出した古閑美保。そして、有村もそのレコードを持つ1人だ。08年大会最終日、6番(パー5)からの7連続バーディ(6番はイーグル)を含む「63」をマークし、大逆転勝利まであと一歩に迫った。「自分も出すことは可能なはず」と、攻め切れなかった反省のあとには、確固たる根拠に基づく強気な言葉が続いた。

グリーンの硬さとショットの距離感を把握し、好感触を掴んで迎える2日目。「今日の良いイメージを残して、パットを修正して戦いたい」と語尾を強めた。【北海道北広島市/塚田達也】

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 meijiカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!