ニュース

国内女子心をひとつに 西陣レディスクラシック ~東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティ~の最新ゴルフニュースをお届け

有村は自身初の逆転優勝へ向け1打差3位

2011/04/16 18:27


「西陣レディスクラシック」2日目の有村智恵は、序盤から出入りの激しいゴルフとなった。

いきなり見せたのは1番ホール。同組の朴仁妃がやわらかなスイングでピンそば4mにつけ、続く下川めぐみも左ラフから転がしてピン右3mにつけると、最後に打つ有村は左足下がりの斜面から97ヤードの第2打をピンそば30センチにつけてお先にバーディ。地元熊本のギャラリーを大いに沸かせた。

3番パー3では、ティショットをグリーン奥に外すと、「あの傾斜がどれだけ速いか知っている」と警戒し過ぎてアプローチを1.5mショートしてしまう。逆にパーパットは傾斜を下って5mオーバー。しかし、このボギーパットを沈めて「ナイスボギーでした」と振り返った。

このままでは戦えないと言っていたショットも「昨日までは形にこだわり過ぎていた」と気づき、下半身に意識を持っていくことで「上半身がリラックスして打てている」と修正に成功。「良い方向に行っていると思う」と手応えを取り戻し、結局この日は6バーディ3ボギーの「69」で回って通算4アンダー。首位との差は僅かに1打で、明日は自身初となる逆転優勝に挑むこととなった。

「自分自身も、いい加減殻を破りたいです」と苦笑する有村。周囲の期待を力に変え、地元熊本で自身初の偉業に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 心をひとつに 西陣レディスクラシック ~東北地方太平洋沖地震 復興支援チャリティ~




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。