ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:03/05〜03/08 場所:タナ・メラCC(シンガポール)

宮里藍が描く挑戦の足跡

我慢の藍、2日目を終え首位と2打差の5位タイ

2009/03/06 19:08


米国女子ツアー第3戦「HSBC女子チャンピオンズ」の初日をトップと1打差の4位タイで終えた宮里藍は、ホールアウト後の記者会見で、このポジションに驚いているかと問われ、「驚いていない。ここまで数シーズンを掛けて積み上げてきたことの結果に過ぎないから」と、強気とも取れる発言をしていたが、2日目の結果はさらにその思いを強くしたことだろう。

1番スタートの2日目、「ショットのブレがあって、なかなかチャンスにつけられなかった」という前半はスコアカード通りのプレーで折り返す。後半に入り、10番で待望のバーディを奪い通算5アンダーへとスコアを伸ばしたが、16番、17番で連続ボギーを叩いてしまう。それでも、初日に唯一のボギーを叩いた18番で、この日はリベンジとなるバーディフィニッシュ。「最後のバーディは明日に大きく繋がります」と、2日目は「72」のイーブンパーで回って、通算4アンダーの5位タイという好位置につけた。

<< 下に続く >>

「今日は我慢のラウンドでしたが、一つ一つ丁寧にプレーすることを心掛けました」という宮里。開幕からの2戦も調子自体は悪くなかっただけに、ようやくゴルフが噛み合ってきたといえるだろう。難易度の高いコースは宮里の得意とするところ。「難しいコースだけど、それに負けず、良い精神状態を保って我慢してスコアを伸ばしたい」と残り2日もこれまで通りの澄んだ心でプレーに集中する。

最大のライバルは自分自身。「プレー中、いろんな自分が出るので(例えば欲張ったり、耐えたり…)そんな自分がライバルです」と、自分越えで悲願の初優勝へ突き進む。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!