ニュース

米国女子J GOLFフェニックスLPGAインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、侍ジャパンに続けるか!?首位と3打差の好スタート!

2009/03/27 13:52


米国アリゾナ州にあるパパゴGCで行われている米国女子ツアー第5戦「J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル」の初日、宮里藍は4バーディ3ボギーの「71」で回って通算1アンダーとし、首位のキム・インキュンと3打差の17位タイと好スタートを切っている。

先週の木曜日からアリゾナ入りしたという宮里。日曜日までは師事をするピア・ニールソンの元で調整を行っていたが、胃の調子がおかしく、体調を崩していたという。それでも、現在は復調した。月曜日はWBCをテレビ観戦し、「こんなにどきどきしたのは、錦織くんとオリンピックぐらい。いやー、すごかった」と、侍ジャパンに刺激を受けた。「韓国はまさに永遠のライバルなんですね」と、米女子ツアーで一大勢力となっている韓国勢と戦う気持ちを新たにした。

<< 下に続く >>

大会初日は7時45分に10番ティからスタート。いきなり6mを沈めてバーディを奪うと、続く11番でも2打目をピン上3mにつけて連続バーディとする。続く12番は3パットのボギーとしたが、18番パー5でも2オンに成功してバーディとし、前半を2アンダーで折り返した。後半は1番、5番とそれぞれバンカーに捕まってボギーとしたが、最終9番では第2打をピン手前60cmにつけてバーディフィニッシュ。2日目に向け、良い形で締めくくった。

「グリーンが硬くて、セカンドの距離感を出すのが難しい。セカンドがブラインドになっているところも多いし、フェアウェイも硬くてどこに跳ねるか分からない」と、コンディションは易しくないが、これは宮里にとっては好条件。明日は午後スタートで風が吹くことも予想されるが、「吹いて欲しいですね」と余裕の笑顔を見せた。

「惜しいパットもあったけど、アイアンの調子も良いし、ショットに安定感があった」という宮里。侍ジャパンに続いて、韓国勢撃破を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!