ニュース

米国女子ロレーナ・オチョア・インビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

宮里藍、首位と1打差2位タイで最終日に逆転なるか

米国女子ツアーの「ロレーナ・オチョア・インビテーショナル」に出場している宮里藍。大会3日目は、5バーディ、1ボギーで通算11アンダーの2位タイに浮上。首位とは1打差で最終日に逆転優勝を狙う。

1番で残り140ヤードの2打目をピン2mにつけて幸先の良いバーディを奪うが、その後はパーセーブを繰り返す。7番、そして10番と同じく2mのバーディパットを沈め、13番パー3はティショットをピンの手前5mにつけてバーディを奪った。

<< 下に続く >>

終盤に入り16番で2打目をグリーン右サイドのバンカーに入れると、3打目でピン3mに寄せたがパーパットを外してしまいボギーを叩く。しかし、最終18番パー5は3打目のアプローチでピン2mにつけて3日連続となるバーディで締めくくった。

「今日は風に苦労しました。フォローとアゲインストでは2クラブ変わってきますので、それが難しかった。でも大きなミスはなかったし、自分の決断力がぶれなかったのが良かった」と、この日のラウンドを振り返る。

1打差で迎える最終日に向けては「こういう状況は今年何度も経験していますから大丈夫です。自分のまわりの状況はわかっていますし、整理はついています。優勝云々よりも自分のゲームに集中したいと思っています」と、焦る気持ちはなく、平常心を保つ。

そして、「パー5は確実にものにしたいですが、難しい16番、17番ですね。バーディとはいかなくても、あそこをしっかりものにすることですね。最後の上がり3ホールを大事にしたいです」。2日目にボギーを叩いた17番、そしてこの日苦戦した16番など終盤の3ホールをキーホールに上げ、最終日に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ロレーナ・オチョア・インビテーショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!