ニュース

米国女子セーフウェイクラシック Presented byコカコーラの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、3打差リードで最終日へ

2010/08/22 12:00


米国女子ツアー「セーフウェイクラシック Presented byコカコーラ」の初日に6アンダーをマークして単独首位に立った宮里藍が、2日目もスコアを伸ばして首位をキープ。今季5勝目に王手をかけた。

2番で下り4mのバーディパットを決めた宮里は、6番でもピン奥から2mを入れてバーディ。さらに7番、9番、10番でもスコアを伸ばしてリードを広げた。しかし、11番で1mのパーパットがカップに蹴られてボギーとすると、12番でこの日最大のピンチを迎えた。

<< 下に続く >>

グリーン右サイドのバンカーからの3打目が、グリーンを大オーバーするホームラン。さらに左足下がりの難しいアプローチがグリーンに届かずここまでに4打を費やした。ところが、8ヤード残した5打目のアプローチが直接カップに入り、ボギーで凌いだ。

「あのチップインが大きかったですね。バンカーショットは思ったより砂が少なくて飛んじゃった。4打目も難しかったのでダブルボギーでもいいな、と思って打ったのがよかった」。ダブルボギーも覚悟していただけに、ボギーにとどめたことでその後に繋がったようだ。

15番パー5、そして16番パー3で再び連続バーディを奪い、通算11アンダーまで伸ばした宮里は、2位に3打差をつけて最終日を迎えることになった。

「今日はみんなスコアを伸ばしたり、ボギー打ったりしていた。私だけじゃないし、風が吹いた分グリーンが硬くなってきて距離感を合わせるのが難しかった。2ボギーなら上出来だと思う」と、自身のゴルフを評価する。さらに最終日に向けては「明日も瞬間、瞬間に集中できれば勝っても勝てなくても満足したラウンドになる」と、優勝だけにこだわることはないと言う。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 セーフウェイクラシック Presented byコカコーラ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!