ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全英リコー女子オープン
期間:07/29〜08/01 場所:ロイヤルバークデイルGC(イングランド)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、「ジェットコースターみたいな1日」

2010/08/01 05:25


冷静さを取り戻し、順当に決勝に進出した宮里藍。ムービングデイといわれる3日目は、結果的には1オーバーでのラウンドだったが、内容はまさに“ムービング”だった。2番ボギー、3番ダブルボギー、4番でまたもやボギーと、一気に3ホールで4オーバーとしてしまう。5番のパーを挟んで、6番、7番、8番の3連続バーディでスコアを戻すものの、次の9番でまたボギー。フロントナインはパーが2つという出入りの激しいゴルフ。

後半に入っても、そのリズムは変わらず、11番でバーディ、12、13番で連続ボギー。上がりの3つのパー5の、15番と18番でバーディを取り返す。まさにジェットコースターのようなラウンドだった。

<< 下に続く >>

「本当にジェットコースターみたいな1日でした。その中でも集中力を切らすことが1度も無く、昨日より風が強く、朝は雨が降る難しいコンディションだったけど、良いプレーが出来たと思います。」と宮里。

通常なら、出だしの3ホールで4オーバーしてしまうと、プレーのリズムが掴めず、ズルズルと後退してしまうのが関の山だが、宮里はそこから立て直してくる。「(出だしが悪かったが)どちらかというと焦りは無く、こういうこともあると思っていました。3番はバンカーが目玉になっていて、良いバンカーショットだったのですが、パターのミスで、あれはきちんと受け止められました。バーディは沢山取れているし、終わってみてイーブンに戻せたら良いくらいの気持ちで回っていました。」結果的には1オーバーのラウンドだったが、バーディが多いという面は非常にプラスだろう。明日の最終日はさらにバーディを奪って上位に顔を覗かせて欲しいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!