ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全米女子オープン
期間:07/08〜07/11 場所:オークモントCC(ペンシルバニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、後半に巻き返して首位に4打差!

2010/07/09 11:51


海外メジャー第3戦「全米女子オープン」初日。10番ティからスタートを切った宮里藍は、序盤は左に引っ掛け気味のショットも災いし、つまずく滑り出しとなった。10番ではティショットを左のラフに打ち込むなど、6メートルのパーパットを外してボギー。続く11番でもティショットが左のバンカーに捕まりボギー。出鼻を挫かれる連続ボギー発進となる。

17番ではティショットを左ラフ、続く18番でも左バンカーに入れるなど連続ボギー。前半は4オーバーと、難コースの洗礼を受ける苦しい戦いが続いた。だが、18番のティグラウンドでキャディのミックに「トップからの切り返しが速い」と指摘をされ、「いつものリズムでゆっくり振ろう、と思った」と臨んだ後半。宮里のショットに安定感が蘇る。

<< 下に続く >>

4番、6番とバーディを重ねると、8番でボギーを叩いたものの最終9番でバーディフィニッシュ。この日3バーディ、5ボギーの2オーバーに戻し、首位に4打差の22位タイで初日を終えた。

「そんなに大きな傷は無かったけど、難しかった」と振り返る宮里。この日アンダーパーをマークしたのは僅か5人と、世界最高峰のハードセッティングに宮里も手を焼いたようだ。「いつもピンを狙っていくのが自分のスタイルだと思っているけど、ピンポイントで狙っていくとリスクが高くなる。今まで以上に神経は使っていますね」。その上で、「1つでも粘れれば順位は上がっていくと思う」と、粘りのプレーの必要性を説いていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!