ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/30〜04/02 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

我慢のゴルフで順位を上げた宮里藍、パットの調子を上げ巻き返しを誓う

2006/04/02 09:00


カリフォルニア州のミッションヒルズCCで行なわれている、米国女子ツアー第5戦で今シーズンのメジャー初戦となる「クラフトナビスコチャンピオンシップ」の3日目。決勝ラウンドとなり、ピン位置がさらに難しいセッティングとなったこの日、午後に入ってから強い風がコースを襲い、各選手スコアメイクに苦しんだ。そんな中、宮里藍は、イーブンパーでまとめ、通算3オーバーの23位タイへポジションを上げた。

この日の宮里は、ボギーが先行する苦しい展開。しかし、ボギーの後はバーディを奪う内容で、スコアを伸ばすことは出来ないまでも、イーブンパーで切り抜けた。しかし、バーディチャンスを生かすことが出来なかった内容に「パッティングのフィーリングも悪くなく、入るかどうかは紙一重だと思う」と前向きな発言。それを裏付けるためにも、1.5メートル~3メートルのパットをラウンド後ひたすら練習していた。

3パットのボギーもあったため、父親つきっきりでパットの調整をした宮里。明日は「60台を出したい」と、最終日の巻き返しを誓い、上位進出を狙う。アイアンが冴えているだけに、あとはパットだけ。今日のラウンド後の練習が最終日どう生かされてくるかに、注目が集まるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!