ニュース

米国女子サムソンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2009年 サムソンワールド選手権
期間:09/17〜09/20 場所:トーリー・パインズGC(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、「すごく楽しかった」3差3位で最終日へ

2009/09/20 11:15


「サムソンワールド選手権」3日目を首位と1打差の2位タイで迎えた宮里藍。この日は最終組で、韓国の申智愛と同組でのラウンドとなる。「人懐っこいというか、自分のプレーに集中しながら応援してくれたりする。良い緊張感の中でプレーできました」と、現在賞金ランキングトップを行く申とのラウンドを楽しんだ。

難易度の高い1番ホールで、第2打をU3で左上5mにつけてバーディ発進とした宮里は、勢いにのってスコアを伸ばしていく。6番パー5では、第2打をピン手前10ヤードの花道まで運んで寄せワンのバーディ。続く7番もバーディとすると、9番パー5は2オンに成功して2パットのバーディ。前半だけで4つスコアを伸ばして折り返した。

<< 下に続く >>

後半に入り、12番でボギーを叩くが、16番パー3では再びU3でピン上20cmにつけるスーパーショットを披露。タップインでバーディを奪いスコアを戻した。17番、18番と惜しいバーディパットを逃したが、結局この日は5バーディ1ボギーの「68」。3日間連続となる「68」でラウンドし、通算12アンダーでホールアウトした。

「ピンポジが難しく、結構ビトウィーンのクラブが多くて、100%コミットして打てなかったところも何箇所かあった」という宮里。「そうは言っても、難しいパー3でグリーンを捉えられたので、自分の中でスイングに問題があるわけではない」と自信も覗かせた。

申も同じく「68」で通算13アンダーとしたが、この日爆発したのが、5位タイからスタートしたチェ・ナヨン(韓国)。トーナメントレコードにあと1打と迫る「63」を叩き出し、一気に通算15アンダーとして単独首位へ浮上している。

「(明日は)一つでも伸ばした人が勝つんじゃないかな。しっかりコースマネジメントをして、結果を見てみたい」と宮里は淡々。目の前の一打に集中し、自分がコントロール出来ることだけに気を配る。宮里にとっては、最終日といえども取り組むことに変化はない。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 サムソンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!