ニュース

米国女子ロングドラッグスチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ロングドラッグスチャレンジ
期間:10/04〜10/07 ブラックフォークCC(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

バーディ3つ奪うも棄権を挟み4戦連続の予選落ち!

2007/10/08 11:26


「ロングドラッグスチャレンジ」に出場している宮里藍の2日目。初日はバーディを奪えず3つのボギーと1つのダブルボギーで5オーバーの「77」となったが、2日目も同じく「77」。通算10オーバーの90位タイで、「ステートファームクラシック 」での棄権を挟み4試合連続での予選落ちが確定した。

10番パー3からスタートした宮里は、そのスタートホールでバーディを奪うと12番パー3でもバーディ。初日の鬱憤を晴らす好スタートを見せた。ところが続く13番では調子の悪さが露呈しショットが乱れダブルボギー。ここで勢いを失うと15番、17番でもボギーを叩き2オーバーで折り返す。

後半4番、4番パー3でバーディを奪うが、初日に苦しんだ7番でダブルボギー、さらに8番では2日連続でのダブルボギーを叩いてしまった。今までの宮里は、前日にミスをしたりスコアを崩したホールでは、パーもしくはバーディを奪い苦手ホールを作らぬよう戦ってきたが、現状はそのパワーも発揮できない。

ラウンド後の宮里は「とにかく今はスコアよりも、目の前の1打に集中し、そのフィーリングを大事にしている」と明るく振舞った。先週までの予選落ち直後に比べると落胆の度合いは少ない、精神的にも落ち着いているようには見えるが、出口の見えないトンネルをさまよっている状態は変わりない。

この日バーディを奪った3つのホールはすべてパー3。そのことについては「確かにアイアンは良くなっているかもしれないけど・・・」とすべてのショットが上手くいかないことへの歯がゆさが宮里の言葉を濁した。次週の試合に出場を予定しているが、何かきっかけを掴んでキレの良いスイングを取り戻してもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ロングドラッグスチャレンジ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。