ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

宮里、2打差の2位「ちょっとチャージが遅かった」

2008/11/16 18:15


「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の最終日、宮里藍は首位と1打差の4位タイから、約2年ぶりの優勝を目指してティオフした。

「前半はアイアンのつかまりが悪くて、ラインと距離感が合わなかったです」と、7番までパープレイを続ける。初めてスコアが動いたのは、8番パー4。第2打をピンそば1.5mにつけてバーディを奪うと、宮里は右手で小さくガッツポーズを作った。

ショットが修正出来たという後半は、11番で2mにつけてバーディとすると、13番では残り111ヤードを9Iで50cmにつける会心のショットを披露。続く15番パー5でも3打目を1mにつけ連続バーディとし、通算11アンダーの2位へと浮上した。

「どれだけくっついていけるかだと思ったのですが」という宮里だが、トップの古閑美保は通算14アンダーまでスコアを伸ばしており、「ちょっとチャージが遅かったですね」と早いうちにプレッシャーを掛けられなかった事を悔しがった。上がり3ホールはパープレイで、首位と2打差の2位タイで3日間の大会を終えた。

「昨日までの短いバーディパットのミスが響きましたね」という宮里。ショットの調子は上がってきており、あとは勝負所のパットをどれだけ入れられるかに掛かっている。「先週は気持ちが空回りしてしまったけど、今週はコントロールしながら良いプレーが出来ました」と、精神状態も良く、出場を予定している来週の「大王製紙エリエールレディス」での活躍も期待出来そうだ。

「もちろん勝ちたいけど、1打1打を死ぬ気で入れにいくつもりでやらないといけないです」と、必死さも見え始めた宮里。04年、05年と連覇している相性の良い大会で、目指すは復活優勝だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。