ニュース

米国女子SBSオープンatタートルベイの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 SBSオープンatタートルベイ
期間:02/14〜02/16 場所:タートルベイリゾート(ハワイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

ショット復調の宮里、課題はグリーン上へ

2008/02/15 15:48


「ショットは良かったのに、なんだよぅって!」。米国女子ツアー開幕戦の「SBSオープン」初日を終えた宮里は思わず苦笑した。スコアだけ見れば、1バーディ5ボギーの「76」、通算4オーバーの102位タイと昨年までの不調を引きずっているかのようだ。

だが、1番ホールからショットは安定していた。ドライバーの飛距離も「(昨年より)10ヤードは飛んでいると思います」と手ごたえは感じていた。

最初のボギーは4番パー3での3パット。7番で1.5mを沈めてバーディを奪ったが、続く8番パー3が鬼門となってしまう。「バーディパットの後、すぐにオナーとなって、打つテンポが早くなってしまった」と、このショットを右手前バンカーに入れ、寄らず入らずのボギー。「あれが一番悔しいです」と宮里は唇を噛んだ。

後半も3~4mのバーディチャンスに恵まれたが、このパットがことごとくカップに嫌われる。17番では1mのパーパットを決められず、18番でも2mを外して連続ボギー。「ラインも読めているけど、タッチとラインが合わなかった」と悔しげに振り返った。

「ショットはアンダーパーが出てもおかしくない位だったけど、そこが上手く行かないのがゴルフですね」という宮里。「でも、パットだったら何とかなるかなと思います」と話し、チェックポイントにグリップの違和感をあげた。それは、ようやくグリーン上で神経を使える状態に戻って来た証とも言えるだろう。

シーズンオフにパター練習が少なかったのでは?という問いは「それは無いです」と否定した。「いいフィーリングでチャンスを作れているので、明日も気を緩めずに頑張りたいです」と、しっかりと前だけを見つめた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 SBSオープンatタートルベイ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!