ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

「プロセスを大事にしたい」2戦目に挑む宮里藍

2008/02/21 16:55


米国女子ツアー第2戦の「フィールズオープン」がまもなく開幕する。先週の開幕戦では、ショットの調子は良かったものの、パットが決まらず悔しい予選落ちを喫してしまった。それでも、2戦目に向けての悲壮感は感じられない。

今週に入り、ショットのフィーリングは維持しつつ、パッティングで右手のグリップのテンション(握る力)が強すぎることに気付き、修正した。父の優氏も会場を訪れ、パッティングを指導。ショットは宮里本人のフィーリングに任せている為、メカニカルのチェックなどは行わなかったが、「すごく安定してきている」と太鼓判を押した。

昨年のこの試合では、最終日に「66」をマークして通算11アンダーで3位に入るなど、コースとの相性はいい。「すごく良いイメージがあります」という宮里だが、「その分、スコアを伸ばしていかないといけないので、気を緩められない」と、警戒も怠らなかった。

そんな宮里にとって嬉しいのは、初日、2日目とアニカ・ソレンスタムと同組で回れること。先週の開幕戦を制し勢いに乗るソレンスタムとのラウンドは、「絶対充実したラウンドになる」と楽しみだ。「良い緊張感が高まってきて、自分のやることに集中できる」と、願ってもない環境を素直に喜んだ。

「ショットの自信を取り戻すには、試合で沢山良いショットを打つしかない」という宮里。今は結果への欲はないというが、「それは、集中するポイントの問題です」と説明してくれた。「グリップのテンションとか、フィーリングとか。打つまでのプロセスを大切にしたい」と、静かな心で2戦目に臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。