ニュース

米国女子セーフウェイインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 セーフウェイインターナショナル
期間:03/27〜03/30 スーパースティションマウンテンG&CC(アリゾナ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

16番でダボ!しかし尾を引かず最終日はバーディ狙う宮里藍

2008/03/30 11:09


「セーフウェイインターナショナル」初日にイーブンパーでラウンドした宮里藍は、2日目に1アンダーをマークし、今季初の予選突破を果たした。3日目は1バーディ、1ボギー、1ダブルボギーという内容でスコアを2つ落とした。通算では1オーバーとなり、54位タイから71位タイへと後退している。

「今日はスコアを伸ばしたいという気持ちが出てしまった」という宮里。序盤の1番、3番では、セカンドショットをグリーンのガードバンカーに入れてしまったが、パーをセーブ。4番ではピンの奥2.5メートルからのバーディパットを沈め、通算2アンダーまでスコアを伸ばした。

ところが続く5番では、ティショットでフェアウェイをキープするも、セカンドショットはグリーン奥のラフ。今度は2.5メートルのパーパットが決まらなかった。前日もそうだったが、惜しいバーディパットがことごとく外れてしまう。5番以降パープレーを続ける我慢のゴルフをしていたが、前日ボギーを叩いている16番で大きなミスをしてしまう。

このときもティショットは安定してフェアウェイセンターをキープ。しかし、セカンドショットがグリーン手前の傾斜に当たって斜面下まで戻されると、第3打も少し足りずショート。4打目でピン1.5メートルまでつけたが、これが入らず痛恨のダブルボギーとなった。

「16番はもったいなかったですね」と振り返りながらも、この日全体では「セカンドショットをバンカーに入れたりはしましたが、ショット自体は良いと思います」。中盤の10ホール連続パーセーブは、多くの場面でバーディチャンスをながらも、決められなかったという点で「ストレスが溜まる我慢のゴルフでした」。

最終日も我慢のゴルフになることは予想してはいるが、ショットが良い分、バーディチャンスにつけていきたいと語ってくれた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 セーフウェイインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。