ニュース

米国女子マクドナルドLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

調子は上向き、コースとの相性も良好! 上位争いへの条件は揃った!

2008/06/05 12:43


今週は、女子プロゴルファーの頂点を競うメジャー第2戦「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」が開催される。今年で3回目の出場となる宮里藍は、「2年前には優勝争いもしていますし、良いイメージしかないですね」と、3位タイに食い込んだ2006年大会を回顧。「先週はショットもパットも安定していて、内容がすごく良かった。先週と同じような状態で続けられれば良いですね」と、自身の中では上位に進出できる条件は揃っているようだ。

しかし、懸念材料も少なからずある。「最終18番は、去年より35ヤードも長くなっていました。風もアゲンストだし、2打目は3番ウッドで打つしかないかもしれません。ここは難しいですね」と宮里。さらに、連日降り続いていた雨により、グリーンだけではなくフェアウェイも水を吸っているコースコンディションに言及。「フェアウェイが水浸しで、ランが出ないんです。飛距離が出る人にとっては関係ないかもしれませんが、自分は地道にやって行くしかないですね」と、飛距離不足のカバーをポイントに挙げた。

その対応策の1つが、「番手を上げて、ハーフショットを打つ」戦略。前週もこのショットを多用し、20位タイに食い込んだ。「より精度を上げたいですね」と、飛距離不足をテクニックで補う構えだ。「メジャーだからという特別な気持ちはありません。他のトーナメントと同じで、目の前の1打に集中します」と、あくまで自然体を強調。「毎日イーブンパーかアンダーが目標ですが、スコア設定よりも、丁寧にプレーすることを心がけたいですね」。意気込みすぎず、クールに自分のプレーだけに徹する宮里。大部隊での活躍に、高い期待が寄せられる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。