ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ステートファームクラシック
期間:07/17〜07/20 パンサークリークCC(イリノイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

序盤からパットが好調、25位タイに再浮上!

2008/07/20 10:42


38位タイで「ステートファームクラシック」決勝ラウンドを迎えた宮里藍は、10番ティからスタートを切った。「昨日の反省点を活かして、ストロークとスイングに100パーセント集中できていました」という宮里は、11番パー4でピン左2.5メートルを沈めてバーディ。「前半からパットのフィーリングが良かったです。昨日は入れにいき過ぎてラインに乗せ切れなかったけど、今日はカップの真ん中から入れるパットが多かったですね」と、その後も13番パー5で1.5メートル、14番パー3で3メートル、16番パー5で80センチを沈め、バーディを量産。前半だけで4ストローク伸ばし、後半へと折り返した。

「ショットが引っ掛け気味になってしまい、我慢のゴルフになってしまった」と振り返る後半。3番でこの日初ボギーを叩いてしまうが、「私の場合、メカニックのことを考えすぎるとうまくいかない。そのことは考えすぎないでシンプルにいこうと、6番くらいから思いました」との考えが功を奏し、6番、7番と連続バーディを奪う。最終9番パー4はティショットを右の池に入れてボギーフィニッシュとしたものの、この日6バーディ、2ボギーの「68」。通算9アンダーの25位タイに再浮上した。

ホールアウト後、「ショットとパットが噛み合えば、(1日)10アンダーは出るコースなので、明日は1打1打に集中して行きたいですね。上位で終われるようにしたい」と宮里。バーディを量産できていることは、好調を継続できている証拠。宮里の言葉通り、最終日の猛チャージに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。