ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ステートファームクラシック
期間:07/17〜07/20 パンサークリークCC(イリノイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

「アグレッシブに行った」藍、4連続バーディで10位発進!

2008/07/18 09:48


昨年の同大会は、最終日に涙を見せつつ途中棄権。不調のどん底まで落ちた宮里だったが、1年を経てあの時を克服しつつある。「あの経験でゴルフの幅が広がった。曲がっても動じなくなった」と、宮里は言う。1年ぶりに挑んだ「ステートファームクラシック」初日、宮里は10位タイの好スタートを切っている。

最初にスコアが動いたのは3番。ティショットを大きく左に曲げて、2打目はフェアウェイに戻すだけ。3打目でもグリーンをショートし、寄せて1パットのボギー。6番パー5で4mを沈めてバーディを奪ったが、「前半は流れもあって我慢しなきゃいけなかったけど、よく我慢できた」と、イーブンパーで折り返す。

「後半は絶対4つ伸ばしてやろうと、アグレッシブにいった」という宮里は、その言葉通りのプレーを見せる。まず10番でピン右下2mにつけてバーディを奪うと、続く11番は5m、12番は3m、さらに13番では1.5mにつけて4連続バーディ奪取。「後半になって、フィーリングが良くなって、リズムも良くなってきた。アイアンのラインだしも良くなった」と、ショットをことごとくピンに絡める。締めくくりは18番。ティショットはやや左だったものの、ここからピンそば2.5mにつけてバーディフィニッシュ。「ファーストカットからだったけど、グリーンの転がりも計算出来た」と会心のバーディに笑顔を見せた。

先週は試合を休んだ宮里。「体調はばっちりです。ショット、パットのフィーリングは良かったので、それを維持する感じで水曜日くらいから練習していた」と、マイペースの調整でリフレッシュ出来ている。去年とは比べものにならない精神状態で、リベンジに臨む宮里。「明日はもう1度、新しい1日だと思ってやりたい。トップは思いのほか伸ばしているので、自分もそれくらいは出すつもりでがんばりたい」と、上を見つめた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。