ニュース

米国女子LPGAコーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 LPGAコーニングクラシック
期間:05/24〜05/27 場所:コーニングCC(ニューヨーク州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

バーディを積み重ね、3試合連続トップ10となる6位タイフィニッシュ!

2007/05/27 00:00


米国女子ツアー「LPGAコーニングクラシック」も最終日を迎えた。宮里藍は、首位と6打差の8位タイからのスタート。ここ最近は日がたつにつれてスコアを伸ばし、特に最終日の追い上げが目立つことを考えれば、大逆転の可能性も十分に考えられる位置だ。

当初から「短いパー5でいかにバーディを獲るか」をポイントの1つに上げていた宮里は、2番と5番のパー5で確実にバーディを奪う。相変わらずショットが好調で、6番、7番でも5メートルのバーディチャンスにつけるが、これは惜しくもカップを逸れる。9番の9メートルのバーディパットも、無情にもカップをクルリ。そのまま前半を2バーディノーボギーで終え、勝負のバックナインに入った。

<< 下に続く >>

後半に入り風が少し強まったものの、「逆に集中力が増した」と振り返る宮里。11番のパー3では、上から7メートルの難しいバーディパットを沈める。16番パー4では、飛球線方向にある木を超えるように打った2打目が葉っぱをかすったものの、ピン下1メートルにナイスオン! ラッキーに笑顔を見せた宮里はこのホールをバーディとすると、続く17番でもピン右4メートルのバーディパットを沈め、通算15アンダーとする。最終18番をパーで締め、この日5バーディノーボギーの「67」。首位と5打差の6位タイでホールアウトした。

「今日もいいラウンドでした。気負い過ぎることなく、楽しくまわれました」と、最終日を振り返った宮里。「今日みたいなゴルフを4日間できれば、優勝争いに加われたかも・・」と、一瞬悔しさものぞかせたが、その表情は充実しているように感じる。これで出場3試合連続のトップ10フィニッシュとなり、「この調子のままいければいいですね。あとは運が傾いてくれれば、優勝のチャンスもあると思います」と話した。今後の課題は、今週少なくとも2つのボギーを叩く原因となったというアプローチだという。

「この後は大きな試合(6月7日~マクドナルドLPGAチャンピオンシップ)もあるし、調子を崩さずにいきたい」と、2週間後のメジャー第2戦を見据えた言葉も出てきた。このまま最高の状態で、最高のパフォーマンスを見せ続けて欲しい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 LPGAコーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!