ニュース

米国シニアリバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ
期間:04/25〜04/27 ウェスティン・サバンナハーバーゴルフリゾート&スパ(ジョージア州)

ブルース・リツキが1打差で逃げ切り優勝!

米国チャンピオンズツアー(旧シニア)第9戦「リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ」が、ジョージア州のウェスティン・サバンナハーバーゴルフリゾート&スパで開催された。初日が大雨のため22人しかスタート出来ず、ほとんどの選手が2日目に36ホールラウンドする過酷なスケジュールになった。

そして、2ラウンドを終えて9アンダー単独首位に立ったブルース・リツキが、最終日の前半2バーディ、1ボギーとスコアを1つ伸ばすと、残り9ホールは全てパーでラウンドし、追い上げる選手を1打差でかわし優勝を飾った。

リツキを猛追したのは4アンダー8位からスタートしたデビッド・イーガーだった。第2ラウンドに3バーディを奪ったイーガーは、その勢いのまま最終ラウンドを迎え、最終日も5バーディ、ノーボギーと一人気を吐いたが、追い上げも後一歩及ばなかった。

そのイーガーを上回る好スコアをマークしたのはイーブンパーの22位からスタートしたボビー・ワドキンスだ。バーディを積み重ね、12番ホールからは3連続バーディ。この日だけで7バーディを量産したワドキンスは6位に食い込んだ。

今週日本からは青木功が唯一出場。初日の大雨にリズムを崩した青木は、2日目を追えて10オーバー54位の最下位。最終日はアーノルド・パーマーをかわして53位で終了したが、今後の青木に期待しよう。

ところで、最終的に15オーバーの最下位となったパーマーだが、2日目に36ホールをラウンドして、その最初の18ホールを73でラウンドしている。パーマーは今年の9月で74歳になるため、この73という数字が「エージシュート」だ。すでに何度も達成しているし、今後も数多く記録することになると思うが、36ホールラウンドしてのこの記録は珍しいのではないか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 リバティ・ミューチュアル・レジェンズ・オブ・ゴルフ




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。