ニュース

米国シニアディックススポーティンググッズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ランガー失速!J.ヒューストンが連覇へ首位浮上

◇米国チャンピオンズ◇ディックススポーティンググッズオープン 2日目◇アン・ジョアGC(ニューヨーク州)◇7,100ヤード(パー72)

初日が悪天候でサスペンデッドになり12名しかホールアウトが出来なかったため、2日目は7時30分から69名が一成にプレーを再開した。その第1ラウンドを首位で終えたのは7アンダーをマークしたジョン・ヒューストンとケニー・ペリー、そして2試合連続優勝を狙うベルンハルト・ランガー(ドイツ)だった。

<< 下に続く >>

そして続けて行われた第2ラウンドは中断することもなく全選手ホールアウト。通算12アンダーまでスコアを伸ばしたヒューストンが大会2連覇に向け単独首位に躍り出た。初日のラウンドは15番を終えてサスペンデッドになったヒューストンは、早朝のプレー再開直後、16番で2打目を直接カップインさせてイーグルを奪った。前日3番パー5に続く1ラウンド2つ目。その勢いを第2ラウンドにも繋げ、6バーディ、1ボギーとスコアを伸ばした。

通算11アンダー単独2位はブラッド・ファクソン。第1ラウンド12番からプレーを再開したファクソンは3つのバーディを奪い、5アンダーで第2ラウンドを迎えた。すると、スタートの10番でダブルボギーをたたき出端をくじかれる。ところが、逆に奮起したのか11番から3連続バーディ、後半には3番から4連続バーディを奪った。

大会初日に15番まで終えて7アンダーをマークしていたランガーは、プレー再開直後の16番でバーディを奪い8アンダーまでスコアを伸ばした。ところが、18番で今大会初のボギーをたたくと、第2ラウンドは1バーディ、2ボギーとスコアを1つ落としてしまった。首位と6打差の通算6アンダー13位タイまで後退し、優勝争いから脱落した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ディックススポーティンググッズオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!