ニュース

米国シニアモントリオール選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 モントリオール選手権
期間:06/22〜06/24 バレ・デュ・リシュリュー・ベルシェール(カナダ)

M.カルカベッキアが逆転!4打差の圧勝

◇米国シニア◇モントリオール選手権 最終日◇バレ・デュ・リシュリュー・ベルシェール(カナダ)◇6,950ヤード(パー72)

連日、日替わりでビッグスコアが飛び出すチャンピオンズツアーで、最終日に主役に立ったのはマーク・カルカベッキアだった。通算8アンダー2位でスタートしたカルカベッキアは、3番から3連続、7番から2連続バーディを奪い首位に浮上すると、後半も11番でバーディ、そして16番パー5ではダメ押しのイーグルを奪取し通算16アンダー、2位に4打差をつけてツアー通算2勝目を手にした。

通算12アンダー単独2位は、この日7ストローク伸ばしたブラッド・ブライアント。通算11アンダー3位タイにはラス・コクランボブ・ツエーの2人が並んだ。コクランは初日に6アンダーをマークし首位に立ち、ツエーは2日目に7アンダーを出して首位に浮上。しかし、最終日に8アンダーをたたき出したカルカベッキアが一枚上手だった。

通算10アンダー5位タイはマイケル・アレン、ジェイ・ドン・ブレイク。通算8アンダー単独7位はクレイグ・スタドラーと、今週も上位は地元米国出身の選手が独占している。また、大会連覇を狙ったジョン・クックは最終日に3ストローク伸ばしたが、通算4アンダー15位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 モントリオール選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。