ニュース

アジアンラグーナ・プーケット選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ラグーナ・プーケット選手権
期間:12/02〜12/05 場所:ラグーナ・プーケット・リゾート(タイ)

キム・ビオが首位発進 タイ国籍の濱本康介が5位

2021/12/03 06:48


◇アジアンツアー◇ラグーナ・プーケット選手権 初日(2日)◇ラグーナ・プーケット・リゾート(タイ)◇6770yd(パー70)

キム・ビオ(韓国)が1イーグル7バーディ、1ボギーの「62」をマークし、8アンダーの単独首位で滑り出した。前週の「ブルーキャニオン選手権」を4位で終え、好調をキープしている。

<< 下に続く >>

1打差の2位にトラビス・スマイス(オーストラリア)とチャナチョック デジピラタナモングコル(タイ)がつけた。

日本人の父とタイ人の母を持つタイ国籍のコウスケ・ハマモト(濱本康介)が4アンダー5位と上々のスタートを切った。水野眞惟智は3オーバーの108位と出遅れた。

前週優勝のセン世昌(台湾)はジーブ・ミルカ・シン(インド)、タワン・ウィラチャン(タイ)らと同じ4オーバー119位から巻き返しを狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ラグーナ・プーケット選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!