ニュース

アジアンCIMB ニアガ インドネシアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMB ニアガ インドネシアマスターズ
期間:04/24〜04/27 場所:ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)

N.ファンとA.カンが首位!日本勢は出遅れ

2014/04/24 20:32

◇アジアンツアー◇CIMB ニアガ インドネシアマスターズ 初日◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇パー72

キラデク・アフィバーンラト(タイ)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)といった注目選手と同組でラウンドしたニコラス・ファン(マレーシア)が、7バーディ、2ボギーの5アンダーとスコアを伸ばして、アンソニー・カン(米国)と並び首位に立った。

共に10番スタートとなったファンとカン。ファンは17番、18番で連続ボギー、カンは13番パー3でダブルボギーをたたくが、バーディを量産したことで3位以下に1打のリードを奪った。

4アンダー3位には、大会連覇を狙うベルント・ウィスバーガー(オーストリア)、チャプチャイ・ニラト(タイ)ら6選手が並び、3アンダー9位にもワン・ジョンハン(韓国)ら8選手と混戦状態となっている。

注目選手では、アフィバーンラトが4バーディ、3ボギーの1アンダー34位タイ。トンチャイ・ジェイディ、タワン・ウィラチャンといったタイの代表選手たちが並んだ。また、メジャーチャンピオンのウーストハイゼンは、4バーディ、4ボギーのイーブンパーで45位タイで初日を終えた。

日本からは3選手が出場し、2オーバー82位タイの太田直己が最上位。谷昭範は7オーバー136位タイと出遅れ、中西直人は棄権となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 CIMB ニアガ インドネシアマスターズ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。