ニュース

アジアンユーラシアカップの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ユーラシアカップ
期間:03/27〜03/29 グレンマリーG&CC(マレーシア)

アジアは全敗 谷原秀人&小田孔明ペアも貢献できず

◇アジアチームvs.欧州チーム対抗戦◇ユーラシアカップ 初日◇グレンマリーGC(マレーシア)◇7,004ヤード(パー72)

欧州とアジアから選ばれた10名ずつが対決する新規大会の初日は、マッチプレー形式のダブルス戦で実施。各組2名がそれぞれのボールでプレーし、ホールごとに良い方のスコアを採用するフォアボール5試合で行われ、世界ランキング上位選手を有する欧州チームが全勝し、5ポイントを先取した。

第1試合はキャプテンのミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)が同郷のパブロ・ララサバルが、アジアのキャプテンを務めるトンチャイ・ジェイディーと、キラデク・アフィバーンラトのタイペアを2&1で下し、“キャプテン対決”を制して幸先良く先制。

日本の谷原秀人小田孔明ペアは第2試合に登場し、終盤に粘りを見せたもののトーマス・ビヨーントービヨン・オルセンのデンマークペアに2ダウンで敗れた。

続く第3試合、第4試合も欧州チームが連勝。最後の第5試合ではキム・ヒョンソン(韓国)とニコラス・ファン(マレーシア)組が3ポイントを連取し、唯一優勢に進めていたが、中盤からは形勢が逆転。8番以降はグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)組が6ポイントを連取して一気に突き放し、3&1で勝利を収めた。

大会2日目も同じくマッチプレー形式のダブルス戦で行われ、各組2名ずつが1つのボールを交互に打つフォアサムで、全5試合が予定されている。

関連リンク

2014年 ユーラシアカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~