GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子フボンLPGA台湾選手権の最新ゴルフニュースをお届け

フボンLPGA台湾選手権
期間:10/22~10/25  場所: ミラマーG&CC(台湾)

18歳リディア・コーが史上最速で10勝目 またもウッズ超え

2015年 フボンLPGA台湾選手権 最終日 リディア・コー
通算10勝目の最年少記録を更新したリディア・コー(Thananuwat Srirasant/Getty Images)【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 L.コー -20 268
2 チ・ウンヒ -11 277
2 柳簫然 -11 277
4 C.ハル -10 278
5 S.ペターセン -9 279
6 林シユ -7 281
6 P.クリーマー -7 281
8 エイミー・ヤン -5 283
9 B.ラング -4 284
10 C.マシュー -3 285

スコア詳細を見る

◇米国女子◇フボンLPGA台湾選手権 最終日◇ミラマーG&CC(台湾)◇パー72

4打差の首位から出たリディア・コー(ニュージーランド)が1イーグル、6バーディ、1ボギーでプレーし、この日のベストスコア「65」をマーク。通算20アンダーとして後続の追随を許さず、9打差の圧勝で今季5勝目を挙げた。

ツアー通算10勝目。18歳6カ月1日での達成は、22歳で到達したナンシー・ロペスの年少記録を更新し、米国女子ツアー史上最速となった。1999年に23歳で米男子ツアー10勝目を挙げたタイガー・ウッズもしのぐ、驚異的なスピード記録だ。

また6月以来、韓国の朴仁妃に譲り渡していた世界ランキング1位の座にも返り咲いた。2月に17歳9カ月で初めて世界1位に上り詰めた際は、ウッズの記録(21歳5カ月)を大幅に更新し、男女を通じた最速記録と話題になった。

2015年 フボンLPGA台湾選手権 最終日 リディア・コー
この日のベストスコア「65」をマークし、9打差をつけて圧勝した(Thananuwat Srirasant/Getty Images)【拡大写真】

通算11アンダーの2位にチ・ウンヒユ・ソヨン(ともに韓国)が入った。

この日イーグルを奪うなど「70」でプレーした宮里美香が、通算2アンダーの14位で日本勢トップ。野村敏京は通算イーブンパーの23位。横峯さくらは通算1オーバーの29位、宮里藍は通算7オーバーの56位で大会を終えた。

リディア・コーの主な記録
・2012年/世界主要ツアー史上最年少優勝(豪州女子ツアー/14歳)
・2012年/米女子ツアー史上最年少優勝(CNカナディアンオープン/15歳4カ月2日)
・2013年/米女子ツアー史上初のアマ2勝目(CNカナディアンオープン)
・2014年/ツアー史上最年少で新人賞を獲得(17歳)
・2015年/男女を通じて初の世界ランキング1位(17歳9カ月9日)
・2015年/ツアー史上最年少で通算10勝達成(フボンLPGA台湾選手権、18歳6カ月1日)


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?