GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

まずは5アンダーで高又順首位

順位 選手名 通算 合計
1 コウ・ウスン -5 67
2 イ・ヨン・ミ -4 68
3 吉田順子 -3 69
3 森口祐子 -3 69
5 大山志保* -2 70
5 木村敏美 -2 70
5 安井純子 -2 70
8 高村博美 -1 71
8 山崎清枝 -1 71
8 島袋美幸 -1 71

スコア詳細を見る

女子4日間競技、グンゼワールドレディスは東京よみうりCCが舞台。コースも手ごわいし、女子選手にとっては長丁場の戦いだ。風も吹いた初日、まず5アンダーで首位を走ったのは高又順。ボキーなしの5バーディ。
「このところ調子が悪かったが練習ラウンドで福嶋さんと回って勉強になりました」という。下半身の安定が悪く、ストレートに構えることを忘れていた。「福島さんのスウィングをイメージしたら飛距離も伸びました」
その福嶋晃子は今週もまだ調子がでないラウンドで4オーバー。他人の方に運を上げてしまった形だ。

招待選手、カリー・ウェブも74。 「イライラしてしまった」という。ローラ・デービースも74。 「今日のスタートはこんなもんじゃないかしら。明日は午前のスタートだから風もなくていいスコアが出るでしょ」

久しぶり、森口祐子は1ボギー、1ダボを叩きながらもバーディを6つ取っての69。 「運動不足みたいで、最後の上りは辛かった。腰の具合はだいじょうぶなんですけど」 18番のダボもこの弱点が出でしまった。「ショートしてアプローチオーバーがいちばんいけないねと、練習日で話していたのに、その通りになってしまいました。ま、午前午後でスタートには運不運がありますから」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには佐藤耀穗プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。