2020/08/31

ゴルフきょうは何の日<8月31日>

2014年 藤田寛之が5ホールPO制し地元初V 藤田寛之が「KBCオーガスタ」でシーズン2勝目を挙げた。津萬(中国)と通算12アンダーで並びプレーオフに突入。5ホールに及ぶ激闘を制し、地元・福岡で
2012/07/06GDOEYE

梁津萬って誰?ご存知リャン・ウェンチョンです

トップタイ。キム・ヒョンソン、I.J.ジャンといった韓国勢が相変わらず元気な中、中国出身の津萬がトップに3打差の5位タイにつけている。 ところでこの見慣れない名前の選手は海外からの特別な招待選手でも
2018/10/12日本オープン

上位で週末へ 梁津萬が7年ぶりに1Wを替えた理由

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(12日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71) 今週36ホール目にして初のボギーを叩いた津萬(リャン・ウェンチョン/中国
2017/04/16東建ホームメイトカップ

2020年に霞ケ関CCで戦う 梁津萬が夢に向けてまず1勝

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(16日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 2打リードの単独首位から出た津萬(リャン・ウェンチョン/中国)が5バーディ
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

.セクショナルクオリファイ通過者 秋吉翔太 星野陸也 デービッド・ブランスドン 津萬 アンドリュー・ジョンストン ジェームス・モリソン リッチー・ラムゼイ マシュー・サウスゲート スコット・グレゴリー ライアン
2017/04/17優勝セッティング

6年前に発売のエース1Wで通算2勝目 梁津萬の優勝ギア

日時:2017年4月13日(木)~4月16日(日) 開催コース:東建多度カントリークラブ・名古屋(三重) 優勝者:津萬(リャン・ウェンチョン/中国) 2打リードの単独首位からスタートしたリャン
2015/10/20ヨーロピアンツアー公式

香港へ向け意気込むローズ

なく近づいた才能豊かなティーンエイジャー、李昊桐に加え、2007年の「シンガポールマスターズ」王者である津萬の2人がタイトル挑戦の先頭に立つことになるだろう。 「香港オープン」は1959年に第1回大会
2017/04/16東建ホームメイトカップ

梁津萬が2年ぶり2勝目 藤田寛之は4位で終える

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(16日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 2位に2打差の単独首位でスタートした津萬(中国)が、「68」でプレーして
2016/04/22パナソニックオープン

世界の五輪代表候補11人が出場 7人が決勝ラウンドへ

カ国11選手だ。 五輪ランク/選手名/世界ランク 30位/金庚泰(韓国)/62位 33位/片山晋呉(日本)/80位 37位/ミゲル・タブエナ(フィリピン)/112位 43位/津萬(中国)/173位
2018/04/10東建ホームメイトカップ

国内今季初戦 地区OP連勝の石川遼がツアーで再始動

に続くシーズン第3戦。約2カ月のオープン期間を経て再開する。 前年大会は後続に2打差以上をつけて首位で最終日を迎えた津萬(中国)が通算16アンダーで逃げ切り、ツアー2勝目を飾った。直近4年は15
2015/10/03マーキュリーズ台湾マスターズ

ツアー選手権覇者の梁津萬が首位で最終日へ

◇アジアンツアー◇マーキュリーズ台湾マスターズ 3日目◇台湾G&CC(台湾)◇パー72 今年の「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」を制した津萬(中国)が首位と5打差の3位から
2017/04/15東建ホームメイトカップ

藤田寛之が2打差で梁津萬を追う 小平智は「74」で後退

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 3日目(15日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71) 首位に1打差の2位でスタートした津萬(中国)が「66」でプレーして通算13
2015/11/26カシオワールドオープンゴルフトーナメント

もう“焦り”はこりごり…第1シード確保へ小林伸太郎が好発進

での賞金ランク60位までには来季フルシーズンの出場資格(第1シード)、同75位までには秋口までの出場資格(第2シード)を付与。今季は出場義務試合数に満たない津萬(22位)、松山英樹(55位)、ワン
2018/05/21全米オープン

秋吉翔太らが全米出場権 石川遼は8位で上位3枠に入れず

ジャパンメモリアルゴルフクラブで行われ秋吉翔太、デービッド・ブランスドン(オーストラリア)、津萬(中国)の3選手が本戦出場権を獲得した。 1日36ホールを回った。通算8アンダーでトップの秋吉は「全米
2019/12/01カシオワールド

11人が初シード 中西直人はパフォーマンスでも魅せる!

.ジェーンワタナノンド、S.ビンセント、G.チャルングン、J.クルーガー、D.ペリー、R.ジョン、佐藤大平、P.ピーターソン、T.ペク、キム・ソンヒョン、中西直人 <賞金シード復帰選手> Cha.キム、宮本勝昌、香妻陣一朗、貞方章男、永野竜太郎、
2016/01/30SMBCシンガポールオープン

昨季新人賞のソン・ヨンハンが首位キープ 小林伸太郎2差3位

17分(日本時間同8時17分)に日没サスペンデットとなった。日本ツアーメンバーのソン・ヨンハン(韓国)が13ホールを終え、通算9アンダーとして暫定ながら首位をキープした。暫定2位にはホールアウトした