2019/10/04TOSHIN CHALLENGE IN 名神八日市CC

T.ペクが今季2勝目 4打差逃げ切り/AbemaTVツアー

トッド・ペクが5バーディ、3ボギーの「68」でプレーし、通算10アンダーで逃げ切り優勝を飾った。後続に4打差をつけ、初優勝した9月の「HEIWA・PGM Challenge II ~ Road to
2019/12/09日本シリーズJTカップ

今平周吾が2年連続で最優秀選手賞 特別賞に金谷拓実

) フェアウェイキープ率賞:稲森佑貴(5年連続5回目) サンドセーブ率賞:正岡竜二(初) トータルドライビング賞:トッド・ペク(初) ゴルフ記者賞:石川遼(10年ぶり4回目)
2019/12/01カシオワールド

11人が初シード 中西直人はパフォーマンスでも魅せる!

.ジェーンワタナノンド、S.ビンセント、G.チャルングン、J.クルーガー、D.ペリー、R.ジョン、佐藤大平、P.ピーターソン、T.ペク、キム・ソンヒョン、中西直人 <賞金シード復帰選手> Cha.キム、宮本勝昌、香妻陣一朗、貞方章男、永野竜太郎、梁津萬、塚田陽亮、塩見好輝、竹谷佳孝
2019/11/03マイナビABC選手権

ハン・ジュンゴンが4年ぶり4勝目 今平周吾は1打及ばず

「69」で、1打差の2位に終わった。 米ツアーが主戦場の小平智が通算16アンダーの3位。岩田寛、藤田寛之、リチャード・ジョン(カナダ)が通算14アンダーで4位に入った。通算13アンダー7位にイ・サンヒ(韓国)、トッド・ペクら6人が並んだ。 6位タイから出た阿久津未来也は「74」と崩れ、25位に終わった。
2019/11/02マイナビABC選手権

今平周吾が今季2勝目へ単独首位浮上 2打差に小平智

アンダー3位に「62」でプレーした小平智が続いた。 首位で出た岩田寛は「70」とし、藤田寛之と並び通算12アンダー4位に後退した。 通算11アンダー6位に阿久津未来也、トッド・ペク(米国)、ガン
2019/10/24JGTO Novil FINAL

白佳和が首位浮上 塩見好輝は2打差3位/AbemaTVツアー

。 通算10アンダー2位に19歳の上村竜太が続いた。前週のレギュラーツアー「日本オープン」で敗れた塩見好輝は1イーグルを含む「67」をマーク。大岩龍一、小西貴紀、トッド・ペクらと並んで首位と2打差の通算9
2019/10/09石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

石川遼の後輩・伊藤誠道、小林伸太郎が首位発進/AbemaTVツアー

、ボギーなしで回った。 6アンダー3位で吉田隼人、エリック・チャン(韓国)の2人が続いた。5アンダー5位に今季ツアー2勝のトッド・ペク、アマチュアの19歳・植木祥多ら6人が並んでいる。 石川の弟・石川航(日体大2年)は5バーディ、3ボギーの「70」でプレー、2アンダー28位で初日を終えた。
2019/10/10石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

小林伸太郎が単独首位で最終日へ/AbemaTVツアー

10入りを果たすなど好調を維持している。 通算10アンダー2位に伊藤誠道と今季3勝目を目指すトッド・ペクが続いた。首位と4打差の4位に小西貴紀、長谷川祥平、アマチュアの19歳・植木祥多(日大)の3人が
2019/09/18HEIWA・PGM Challenge II

ホ・インへが首位発進 2打差2位に塩見ら/AbemaTVツアー

) AbemaTVツアー第11戦が開幕し、レギュラーツアー1勝のホ・インヘ(韓国)が8バーディ、1ボギーの「64」をマークし、7アンダー単独首位で発進した。 首位と2打差の2位に塩見好輝、西村匡史、トッド・ペク
2019/09/05フジサンケイクラシック

チャン・キムが暫定首位 石川遼は3打差6位

良かった」と振り返った。 5アンダー暫定2位に51歳の谷口徹とA.キュー(フィリピン)。4アンダー暫定4位に市原弘大とT.ペク(米国)が並んだ。 2009、10年大会覇者で9年ぶり3度目の大会優勝を
2019/09/06フジサンケイクラシック

【速報】第1R終了 チャン・キムが首位 石川遼3打差6位

とアンジェロ・キュー(フィリピン)が5アンダーの2位で発進した。 4アンダーの4位で市原弘大、トッド・ペクが続く。 今季2勝の石川遼は3アンダーの6位で、今平周吾、チェ・ホソン(韓国)、鍋谷太一らと並んだ。 前年覇者の星野陸也はイーブンパーの32位とした。第2ラウンドはすでに順次始まっている。
2016/10/01トップ杯東海C

今季2勝の谷原秀人 「勝率100%」の単独首位で最終日へ

2位に池田勇太。通算10アンダーの3位に片岡大育。さらに1打差の通算9アンダー4位に、この日のベストスコア「64」で32位からジャンプアップした藤本佳則のほか、宮里優作、小田孔明、ペクスクヒョン
2015/10/03トップ杯東海クラシック

3位浮上の片山晋呉 「嫌だなあ」と思う相手は…

池田勇太とペクスクヒョン(韓国)の背中を追う。 開幕前から「優勝を狙いにいく」と豪語してきた一昨年の優勝者が、宣言通り首位に肉薄してきた。前半4番で手前3m、続く5番(パー3)では左1.5mを決めて
2015/10/03トップ杯東海クラシック

選手コメント集/トップ杯東海クラシック 3日目

ペクスクヒョン 3バーディ、1ボギー「70」 通算8アンダー首位タイ 「今日はパットのミスが多かったし、いくつかのトラブルもあったけど、うまくしのげました。総合して良いプレーができたと思います