2017/02/12ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」以来のタイトルへ ウィレットが首位に浮上

ミシェル・ロレンゾベラのフランス人コンビ、そしてタイのパヌポールピッタヤラットと韓国のキム・キョンテがつけている。 ハブレは前後半をともに4バーディ、1ボギーの「33」で回り、一方、ピッタヤラット
2016/03/13ヨーロピアンツアー公式

タイで主導権を握ったヘンド

打後方にはプロム・ミーサワットとパヌポールピッタヤラットのタイ人コンビとスコットランドのサイモン・イエーツが続いている。 3日目を首位タイで迎えたヘンドとエドバーグは首位で並んだままイーブンパーで
2014/05/02ヨーロピアンツアー公式

好スタートを結果に繋げたいジェイミソン

ラグナナショナルでの「ザ・選手権」初日を「64」でラウンドし、首位のパヌポールピッタヤラットから1打差の2位につけたスコット・ジェイミソンは、この勢いで最後まで走り抜けることができるのを証明したい
2016/03/12ヨーロピアンツアー公式

タイでヘンドが首位タイに急浮上

番、6番、そして9番でバーディを奪ったパヌポールピッタヤラットはノーボギーの「65」で2日目をラウンドし、通算11アンダーの3位に浮上した。 4位タイには通算9アンダーでウェールズのリース
2014/05/04ヨーロピアンツアー公式

終盤に追い上げたハンセンがピッタヤラットと並び首位タイへ

ラグナナショナルでの「ザ・選手権」3日目は、ラウンドの終盤に3連続バーディを奪ったアンダース・ハンセンがパヌポールピッタヤラットを捉え首位タイへと浮上した。 手首の手術により6ヶ月間実戦から離れて
2018/09/09ISPSハンダマッチプレー

タイ勢の新たなまとめ役 クロンパの思いが実った初優勝

・ワナスリチャン(23歳)、プーム・サクサンシン(25歳)、パヌポールピッタヤラット(25歳)ら同郷の若手プロたちが日本のQTを受験。初めてのコースが続く若手たちと練習ラウンドをともにし、「先輩としてコー…
2015/10/08Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

地元台湾の林文堂と洪駿剛が首位発進 谷昭範は16位

1打差、4アンダーの3位にはパヌポールピッタヤラット(タイ)、ショーン・ノリス(南アフリカ)ら6選手。3アンダーの9位には2012年大会覇者で、ツアー通算5勝のガガンジート・ブラー(インド)ら7選手
2016/03/11トゥルータイランドクラシック

藤田寛之、片山晋呉が決勝Rへ 首位はエドバーグら2人

2選手が、通算12アンダーで首位タイに並んだ。 通算11アンダーの2位にパヌポールピッタヤラット(タイ)、通算9アンダーの4位にサイモン・イエーツ(スコットランド)、デビッド・リプスキー(米国
2017/10/30インドネシアオープン

タイの24歳が5打差で圧勝

◇アジアンツアー◇インドネシアオープン 最終日(29日)◇ポンドックインダGC(インドネシア)◇パー72 24歳のパヌポールピッタヤラット(タイ)が4日間を「68」「65」「67」「65」でプレー
2015/10/11Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

ショーン・ノリスが逆転でツアー初優勝 谷昭範は27位

落とし、通算10アンダーの2位。通算8アンダーの3位には、パヌポールピッタヤラット(タイ)、キース・ホーン(南アフリカ)ら5選手が並んだ。 日本から出場している谷昭範は2バーディ、4ボギーの「74
2014/05/02ザ・選手権

ピッタヤラット首位キープ 川村昌弘が予選通過

◇欧州男子&アジアン◇ザ・選手権 at ラグナナショナル 2日目◇ラグナナショナルG&CC(シンガポール)◇7,207ヤード(パー72) 初日9アンダーをマークしたタイのパヌポールピッタヤラット
2015/06/11タイランドオープン

塚田好宣と星野英正が4打差9位発進 首位は金亨成

。日本ツアーでプレーする韓国のキム・ヒョンソンが7バーディ、ノーボギーの「65」で回り、7アンダー単独首位でスタートした。 首位と1打差、6アンダーの2位に、地元タイのパヌポールピッタヤラット、5
2014/11/29キングスカップ

ラヒリが土壇場で首位守る ウィラチャンが1打差

・クーラタナピサン、パヌポールピッタヤラット、ジャクラファン・プレムシリゴンの地元タイ勢3人と、オーストラリアのアンドリュー・ドットが、通算13アンダーの3位タイで追う展開だ。 日本から唯一出場している谷昭範は4バーディ、…
2018/06/10タイランドオープン

ピッタラヤットが地元V 片岡大育は30位

◇アジアンツアー◇タイランドオープン 最終日(10日)◇タイCC(タイ)◇パー70 単独首位から出たパヌポールピッタヤラット(タイ)が3バーディ、3ボギーの「70」と伸び悩みながらも、後続を1打差
2017/02/02バングラデシュオープン

タイの21歳が1歩抜け出す

追随した。 「64」をマークしたラタノン・ワナスリチャン、パヌポールピッタヤラットのタイ勢が3位で続いた。
2016/09/29マーキュリーズ台湾マスターズ

前週に日本で優勝したセンが2打差5位発進

◇アジアンツアー◇マーキュリーズ台湾マスターズ 初日◇台湾G&CC(台湾)◇パー72 スコット・バー(オーストラリア)とパヌポールピッタヤラット(タイ)が4アンダーで首位に並んだ。1打差の3位で
2017/10/30インドネシアオープン

タイの24歳が5打差で圧勝

◇アジアンツアー◇インドネシアオープン 最終日(29日)◇ポンドックインダGC(インドネシア)◇パー72 24歳のパヌポールピッタヤラット(タイ)が4日間を「68」「65」「67」「65」でプレー
2018/08/24KBCオーガスタ

出水田大二郎が首位に浮上 石川遼は5打差30位

)、キム・キョンテ(同)、ウォンジョン・リー(オーストラリア)、ブレンダン・ジョーンズ(同)、パヌポールピッタヤラット(タイ)の6人が続く混戦になった。 藤田寛之、稲森佑貴、浅地洋佑ら5人が通算4