2015/05/29バシュンダラ・バングラデシュオープン

ママットが首位堅守 日本勢3人が予選通過

、通算9アンダーとして初日からの首位を守った。 カルロス・ピゲム(スペイン)が通算8アンダーで追い、パヌポールピッタヤラット(タイ)とヤンネ・カスケ(フィンランド)が通算7アンダーで続いている。 日本勢
2016/10/02マーキュリーズ台湾マスターズ

地元・台湾の呂偉智が逆転優勝 大会3勝目

。通算3アンダーの3位に、パチャラ・コンワットマイとダンタイ・ブーンマの大勢が続いた。 首位から出たパヌポールピッタヤラット(タイ)は「76」と崩れ、通算イーブンパーの6位に終わった。
2016/09/30マーキュリーズ台湾マスターズ

タイのピッタラヤットが抜け出す

◇アジアンツアー◇マーキュリーズ台湾マスターズ 第2日◇台湾G&CC(台湾)◇パー72 初日首位タイのパヌポールピッタヤラット(タイ)が4バーディ2ボギーの「70」で通算6アンダーとし、単独首位に
2017/02/01バングラデシュオープン

ツアー未勝利の若手2選手が首位スタート

(インド)が「64」でプレーして7アンダーで首位発進した。ともにツアー初勝利を目指す。 パヌポールピッタヤラット(タイ)が2打差の5アンダー3位につけた。バングラデシュ出身でツアー2勝のシディクール
2018/10/05Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

ジョン・キャトリンらが首位浮上 岡田絃希は49位に後退

◇アジアンツアー◇Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権 2日目(5日)◇林口インターナショナルG&CC(台湾)◇7108yd(パー72) ジョン・キャトリン、パヌポールピッタヤラット
2016/11/20BRI-JCBインドネシアオープン

ブラーが逆転で今季2勝目、谷昭範は8位フィニッシュ

を目指したジーブ・ミルカ・シン(インド)は、スコアを伸ばせず3打差の2位。同じ通算13アンダーでダンタイ・ブーンマ、パヌポールピッタヤラット(ともにタイ)、ジョハネス・ヴィーアマン(米国)も並んだ
2018/12/16インドネシアマスターズ

P.サクサンシンが逃げ切ってツアー3勝目 今平周吾は12位

3位にパヌポールピッタヤラット(タイ)が入り、タイ勢が3位までを独占。今大会初出場で、最終日最終組で回ったヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、この日「71」として通算14アンダーの4位に終わっ
2014/05/01ザ・選手権

川村昌弘&小林正則は出遅れ 首位にピッタヤラット

トーナメントがシンガポールへと会場を移してリニューアル。欧州ツアーとアジアンツアーの共催競技は初日、タイのパヌポールピッタヤラットが9バーディ、ノーボギーの「63」を叩き出し、9アンダーの単独首位で
2014/05/01ザ・選手権

川村昌弘&小林正則は出遅れ 首位にピッタヤラット

トーナメントがシンガポールへと会場を移してリニューアル。欧州ツアーとアジアンツアーの共催競技は初日、タイのパヌポールピッタヤラットが9バーディ、ノーボギーの「63」を叩き出し、9アンダーの単独首位で
2018/06/08タイランドオープン

片岡大育は暫定14位に浮上 タイ勢が上位にズラリ

)が5バーディ、ボギーなしの「65」と伸ばし、通算10アンダーの暫定首位で母国大会を折り返した。 通算9アンダーの暫定2位に、同じくタイのパヌポールピッタヤラット。「64」とチャージをかけて14位
2014/05/02ザ・選手権

ピッタヤラット首位キープ 川村昌弘が予選通過

◇欧州男子&アジアン◇ザ・選手権 at ラグナナショナル 2日目◇ラグナナショナルG&CC(シンガポール)◇7,207ヤード(パー72) 初日9アンダーをマークしたタイのパヌポールピッタヤラット
2017/04/21パナソニックオープン

J.クヌートンが堅首 大堀裕次郎「65」で2位浮上

バーディ、2ボギーの「69」とスコアを伸ばし、通算9アンダーとして首位を堅守した。2打差の2位にジュビッグ・パグンサン(フィリピン)、ホ・インヘ(韓国)、パヌポールピッタヤラット(タイ)と、7バーディ
2019/02/15ISPS HANDA ワールドスーパー6パース

池田勇太は37位で決勝へ 片岡、川村は予選落ち

・グリフィン(オーストラリア)が「67」で回り、トーマス・ピータース(ベルギー)、パヌポールピッタヤラット(タイ)、ライアン・フォックス(ニュージーランド)と通算8アンダーで並び首位に立った。 1打差5位に
2013/10/05マーキュリーズ台湾マスターズ

首位奪還 S.ヘンドが今季2勝目に王手 市原弘大は後退

通算4アンダー2位。モハマド・シディクール(バングラディッシュ)、パヌポールピッタヤラット(タイ)が2アンダーの3位タイにつけた。通算アンダーパーを記録しているのは以上4人となっている。 12位タイ
2013/10/04マーキュリーズ台湾マスターズ

S.シールが首位 市原弘大は12位で決勝ラウンドへ

位から出たサム・シール(米国)が、「69」をマークして逆転首位奪取に成功した。 通算2アンダー3位にはパヌポールピッタヤラット(タイ)、通算1アンダーの4位タイにはペク・スクヒョン(韓国)、モハマド
2014/11/08パナソニックオープン インディア

谷昭範は5打差11位で最終日へ ガンジーが首位堅守

、通算10アンダーの2位タイ。ガンジーと1打差まで詰め寄り、最終日の激戦を予想させる。タイのパヌポールピッタヤラットが通算9アンダーの6位で追う。 24位から出た谷昭範は7バーディ2ボギーの「67」とスコアを伸ばし、通算6…