最近のニュース 新着一覧≫


2019/12/08日本シリーズJTカップ

今季3勝目の石川遼 東京五輪は「首の皮一枚」/一問一答

マークして通算8アンダー。首位で並んだブラッド・ケネディ(オーストラリア)とのプレーオフを3ホール目で制した。「日本プロゴルフ選手権」、「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」に続くシーズン3勝目。75ホール
2019/12/10優勝セッティング

石川遼 今季3勝目を呼び込んだ1Wの微調整

た。首位に2打差の5位から出て「66」をマーク。通算8アンダーで並んだブラッド・ケネディ(オーストラリア)とのプレーオフを3ホール目で制した。8月「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」以来の優勝でツアー通算
2019/12/11

石川遼が選んだ今年の一文字は『泥』 最終戦で得た学び

強まった。今年でいえば、4打差をつけて完勝した「セガサミーカップ」は理想に近いものだったが、「1年間で10試合に1試合くらいの感覚。その『型』にはまらなかったときにどう考えるべきなのか」。シーズン最終戦
2019/11/06佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ハン・ジュンゴンが日本で成長した軌跡

ました。この敗戦のショックは大きかったと思いますが、その後の「セガサミーカップ」では6位、「ライザップ KBCオーガスタ」でも3位と、くじけることなく上位フィニッシュしている結果を振り返ると、メンタル
2019/11/30カシオワールド

ダボから4連続バーディ 石川遼は体調不良も「67」

招待セガサミーカップ」以来の4連続バーディは、後半11番(パー3)でバンカーショットのミスからダブルボギーをたたいた後だっただけに、カムバックが光る。1ホールの大たたきは「“リミッター”が多少、外れる
2019/11/29カシオワールド

小林伸太郎が単独首位で決勝へ 谷口徹ら賞金シード喪失

おり、今大会は今季レギュラーツアー出場2試合目。マンデー予選会を通過して参戦した8月「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」も予選落ちで、決勝ラウンドの舞台に立つのは約2年ぶりとなる。しかもポジションはリーダー
2019/12/01カシオワールド

石川遼は10年ぶりの賞金王ならず 今季6回目のトップ10

茂雄招待セガサミーカップ」でのシーズン2勝目で座った賞金ランキングトップの椅子は、10月「ブリヂストンオープン」で今平周吾に譲った。その後は奪還できないまま。マネーキングの最後の争いには加われない
2019/10/31マイナビABC選手権

岩田寛が首位発進 今平周吾は17位

◇国内男子◇マイナビABC選手権 初日(31日)◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7200yd(パー72) 2015年「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」以来となるツアー3勝目を目指す
2019/11/01マイナビABC選手権

岩田寛が首位キープ 後続に2打差

◇国内男子◇マイナビABC選手権 2日目(1日)◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7200yd(パー72) 2015年「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」以来となるツアー3勝目を目指す
2019/09/28パナソニックオープン

石川遼は3連続バーディ締めでV争いに残る 最終日の目標は

」で回り、通算11アンダーの5位で最終日を迎えることになった。停滞した中盤を経て、上がり3ホールで連続バーディ。首位の武藤俊憲には3打差で8月「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」以来となるシーズン3勝目を
2019/08/23セガサミーカップ

目指すは優勝 大学生アマ青島賢吾の自信の背景

◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ 2日目(23日)◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178yd(パー72) 4年ぶり4度目の出場となった国内ツアーで、アマチュアの青島賢吾
2019/08/25セガサミーカップ

最大6打差の独走レース 石川遼は“守り”を見せず連続V

◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ最終日(25日)◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178yd(パー72) 最大6打のリードを築く、後続に陰すら踏ませない完勝だった。3打差の単独
2019/09/13ANAオープン

石川遼は3連続バーディ締め 「64」で首位争いに名乗り

ボギーになっていない。8アンダーですけど、自分が採点しているよりも4つスコアがいい。内容的には4アンダーぐらい」と振り返った。 今季2勝目を挙げた8月「セガサミーカップ」から4週連続の参戦。疲労で体も
2019/08/26GDOEYE

最年少賞金王から10年 石川遼の異なる“輝き”

◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ 最終日(25日)◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178yd(パー72) 石川遼が3シーズンぶりの優勝を飾った「日本プロ選手権」から1カ月半
2019/09/04旅する写心

「風の向くまま」〜Slow and steady wins the race

ではない。 むしろ彼にとっては大切なビタミン剤。 この夏、日本プロで見事に逆転優勝し、 そしてセガサミーカップでは 初日からトップを走り 自身初となる2戦連続優勝を果たした。 どん底まで下がった